おすすめドラフト候補【日本ハム編】
求む二遊間、“二刀流”実績もプラスに?

アプリ限定

 10月25日に行われるプロ野球ドラフト会議。今夏の甲子園を沸かせた高校生だけでなく、大学、社会人にも目玉候補がめじろ押しだ。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材する西尾典文氏が、各12球団に推薦したいドラフト候補を紹介する。

主力が抜ける度にスカウティングと育成力を証明する日本ハム
主力が抜ける度にスカウティングと育成力を証明する日本ハム【写真は共同】

 夏場以降は優勝争いから脱落したものの、5位に沈んだ昨年から見事な巻き返しを見せてAクラス入りは確保した北海道日本ハム。大谷翔平(エンゼルス)という大看板が抜けてもしっかりチームを立て直せるのはスカウティングと育成力の証明と言える。


 野手は中田翔のFA移籍の可能性があるものの、大物ルーキーの清宮幸太郎が後半戦からホームラン数を伸ばしており、備えはしっかりできている。近藤健介、西川遥輝、大田泰示といった中堅どころが安定してきたのも心強い。


 一方の投手陣は上沢直之がエース格に成長し、新外国人のマルティネス、有原航平と三人がローテーションの中心としてある程度機能した。加藤貴之、高梨裕稔は少し停滞したが、年齢を考えるとまだ上積みを望むことができる。抑えの増井浩俊(オリックス)が抜けたリリーフ陣も盤石とは言い難いが、若い石川直也に成長の兆しが見られ、宮西尚生、公文克彦と頼れる左腕が二枚いるのも大きな強みと言えるだろう。(成績などの状況は10月1日現在)

二遊間が最大の補強ポイント

 基本的に去る者は追わず若手をどんどん抜てきするチーム方針のため、投手も野手も今後が楽しみな選手は多い。その中で補強ポイントとなると、二遊間になるだろう。セカンドはなかなか固定することができず、ショートの中島卓也もやや頭打ちの印象がある。

西尾典文
西尾典文

1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント