引退の葛藤と戦い続けた村上大介
誰からも愛されたスケーターが歩んだ道

多くの選手やファンから慕われる存在に

多くの選手やファンから慕われた村上(青)。14年のNHK杯で優勝したときは、同大会で4位に終わった羽生結弦(右)も表彰式を見に行った
多くの選手やファンから慕われた村上(青)。14年のNHK杯で優勝したときは、同大会で4位に終わった羽生結弦(右)も表彰式を見に行った【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 米国を拠点としていたが、日本の選手たちとも仲が良かった。


 06年の世界ジュニアの記者会見では、優勝した小塚崇彦さんの記者会見で通訳を買って出た。その後、当時師事していたニコライ・モロゾフが拠点としていた米国・ハッケンサックでは、高橋大輔さん、安藤美姫さん、織田信成さんらとも一緒に練習していた。このころ安藤さんは、村上に英語を習ったという。


 現役最後のコーチとなったフランク・キャロルがいるロサンゼルスに移ってからは、グレイシー・ゴールド(米国)やデニス・テン(カザフスタン)らと同じ時間に練習。キャロルコーチとゴールドから「(そんな弱気なんて)女子なのか?」と発破をかけられることもあった。


 14年のNHK杯で村上が優勝した時には、ケガで4位だった羽生結弦(ANA)が、「ダイスが表彰台の一番上に立っていたので、拍手しに行きたいと思った」と表彰式を見に行った。


 屈託のない笑顔と純粋なスケートで、ファンにも幅広く長く応援されてきた。そのキャリアを通して、村上大介という選手は誰からも愛されるスケーターとなっていた。

「スケートコミュニティーに恩返しを」

「スケートコミュニティーに恩返ししていきたい」。そう語る村上の今後に期待が高まる
「スケートコミュニティーに恩返ししていきたい」。そう語る村上の今後に期待が高まる【坂本清】

 米国代表として世界ジュニアにも出場しているが、日本代表にこだわった。陽進堂のスポンサー契約も、自分で手紙を書いて取り付けたものだ。また4回転ジャンプも、練習ではアクセル以外の5種類は跳んでいた。昨年の初夏に初めてトライした4回転ルッツは、挑戦2度目で降りられたという。故障などで思うような結果を出せない時期、何度も引退が頭によぎったものの、その度に乗り越えてきた。それが、村上大介というスケーターだ。


 引退発表では「スケートコミュニティーに恩返ししていきたい」と話した村上。現役生活を長く続けたが、まだ27歳と若い。これからどんなこともできる。


 現役時代につらく悔しい思いをたくさん経験したからこそ、そして何より多くの人たちから愛されている存在だからこそ、これからの彼は、選手時代の活躍以上のものを見せてくれるかもしれない。引退を寂しいと思う気持ちよりも、これからの彼が見せてくれるものへの期待感が大きい。そんな引退発表だったように思う。

長谷川仁美

静岡市生まれ。大学卒業後、NHKディレクター、編集プロダクションのコピーライターを経て、ライターに。2002年からフィギュアスケートの取材を始める。フィギュアスケート観戦は、伊藤みどりさんのフリーの演技に感激した1992年アルベールビル五輪から。男女シングルだけでなくペアやアイスダンスも国内外選手問わず広く取材。国内の小さな大会観戦もかなり好き。自分でもスケートを、と何度かトライしては挫折を繰り返している。『フィギュアスケートLife』などに寄稿。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント