IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トップランナーであり続けるために

1kmでも速く1%でも高く、究極を求めて
和田毅(プロ野球)×五郎丸歩(ラグビー)

提供:明治

野球とラグビー、互いから得るヒント

――これから先、どのような夢を描かれているのでしょう?


和田:今、子どもの数が減ってきています。それは競技人口の減少にも当然つながります。やはり野球選手としては野球をする子どもを増やしていきたい。昔と違い、今は野球をすることが当たり前ではなくなっています。野球の魅力を伝えていかなければいけないと感じています。

将来の野球界、ラグビー界にとって大事なこと、互いに学ぶべきこととは?
将来の野球界、ラグビー界にとって大事なこと、互いに学ぶべきこととは?【写真:松尾/アフロスポーツ】

五郎丸:僕もラグビーの普及活動には力を入れて取り組んでいます。しかし、15年のワールドカップの直後に比べると、熱が冷めつつあるのも感じています。ラグビーのスタジアムもプロ野球の球場のようにエンターテイメント性が必要なのかも。ラグビーに詳しくないお母さんも一緒に家族全員で楽しめる雰囲気づくりというか。そのようなヒントは野球界にたくさん転がっていると思います。


和田:じつはホークスのコンディショニング担当は五郎丸選手の所属しているヤマハ発動機ジュビロから昨年入団された方で、ウォーミングアップのやり方が変わったんですよ。野球って、走って体を温めて終わりみたいな流れだった。だけど、今は一定方向の動きだけでなく四方八方に動いたりして細かな筋肉に効率よく刺激を入れられるメニューが増えました。二人一組になって相手を触ったら勝ちとか、ゲーム性のある内容も加わりました。最初は戸惑ったけど、やり出したら結構みんな真剣になるんです(笑)。息を切らして、バテバテになるまで頑張りますよ。


五郎丸:うちのチームにもレスリングコーチがいて、普通にレスリングをします。ただ、それがタックルの技術向上に繋がっている。データを見ても成功率が上がっていますし、なにより選手のタックルに対する意識が変わりました。やっぱり同じ刺激ばかりだと飽きてしまうので、新しいことを導入するのも意識が変わって、前向きに取り組めますよね。

「完成したという感覚はまるでない」

――最後に今シーズンの意気込みを聞かせてください。

「今年はいい結果を残して優勝に貢献したい」
「今年はいい結果を残して優勝に貢献したい」【写真は共同】

和田:ホークスの2年連続日本一は大前提です。個人的には、一昨年は最多勝を獲りましたが、昨年はシーズン途中に左肘を手術して4カ月間ほど戦列から離れてしまったので、いい結果を残して優勝に貢献したいです。

「チームとしてはもちろん優勝。個人的には得点王を取り返したい」
「チームとしてはもちろん優勝。個人的には得点王を取り返したい」【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

五郎丸:ラグビーは1月にシーズンが終わって、トップリーグの開幕は8月なのでかなり先になりますね。チームとしてはもちろん優勝。個人的には得点王を取り返したいです。キックに関しては昨シーズンが成功率83%台で過去最高の数字を残せました。しかし、ワールドカップの時から「85%」を目標にしていて、まだ達成できていません。自分の中ではある程度は完成形に近いところまで来たと自負もしていますが、これからもまだ変化を加えていかないといけないと思っています。


和田:僕も完成したという感覚はまるでない。もっと先にいいものがあると信じている。今でも1キロだって球を速くしたいし、三振をとれる球種も増やしたい。究極は1シーズンを投げて防御率0.00。ただ、そんなことばかり追い求めていると窮屈で野球が出来なくなってしまいます(笑)。ところで、19年には日本でラグビーのワールドカップが行われるじゃないですか。当然、モチベーションになりますよね。


五郎丸:いまだに日本でワールドカップが開催されることを信用していません(笑)。それくらい凄い事だと思っています。選手はもちろん、子どもたちに見てほしいです。僕も子供の頃に福岡でユニバーシアード大会が行われた時にサッカーの観戦に行って、すごく感動したのを今でも覚えていますから。


和田:お互い、まだ輝き続けられるようにこれからも頑張りましょう。


五郎丸:またお会いできるのを楽しみにしています。観戦にも行きたいと思います。

田尻耕太郎
田尻耕太郎

 1978年8月18日生まれ。熊本県出身。法政大学在学時に「スポーツ法政新聞」に所属しマスコミの世界を志す。2002年卒業と同時に、オフィシャル球団誌『月刊ホークス』の編集記者に。2004年8月独立。その後もホークスを中心に九州・福岡を拠点に活動し、『週刊ベースボール』(ベースボールマガジン社)『週刊現代』(講談社)『スポルティーバ』(集英社)などのメディア媒体に寄稿するほか、福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルメディアともライター契約している。2011年に川崎宗則選手のホークス時代の軌跡をつづった『チェ スト〜Kawasaki Style Best』を出版。また、毎年1月には多くのプロ野球選手、ソフトボールの上野由岐子投手、格闘家、ゴルファーらが参加する自主トレのサポートをライフワークで行っている。

記事一覧