リョート・マチダが2年4カ月ぶり復帰
リアル“ベストキッド”の本領発揮なるか
ブラジル・サンパウロ大会に出場する(左から)デレク・ブランソン、デミアン・マイア、リョート・マチダ
ブラジル・サンパウロ大会に出場する(左から)デレク・ブランソン、デミアン・マイア、リョート・マチダ【Zuffa LLC】

 日本時間10月29日(日)に開催予定の「UFCファイトナイト・サンパウロ」のメインイベントでは、リョート・マチダ(ブラジル)対デレク・ブランソン(米国)のミドル級戦が行われる。

出場停止期間中の心境を語るマチダ


 2016年4月の薬物検査時に、禁止物質DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)の摂取を自ら認め、18カ月の出場停止処分を受けた“ザ・ドラゴン”ことマチダにとって、今回の試合は母国ブラジルで出場停止処分明けの復帰戦となる。DHEAは米国では店頭で販売されている、ごくありふれたサプリメントで、マチダはこれが禁止物質であるとは知らず、検査官にDHEAを飲んでいることを気楽に明かしたのだという。その後の米アンチ・ドーピング機構(USADA)の検査にも終始協力的で正直だったマチダには、寛大な措置を求める声も上がったが、検査を担当したUSADAが下した処分は厳しいものだった。


 サンパウロで行われた大会前記者会見で、マチダは次のように反省の弁を述べている。


「起きたことには責任を取らなければならない。最初は処分が厳しすぎるとも思ったけれど、今では起きるべくして起きたことだったと思っている。試合から試合へと追われていた頃には、人としての成長が止まっていた。ところが、自分の過ちを認めた瞬間から、自分の人生は変わり始めた。おそらく、いったん皆さんの前から姿を消し、いろいろなことを学ぶ時間が必要だったのだと思う」


「みんな戦っているのに自分は……などと、他人と比較して焦ることもあった。ただ、この状況をしっかり受け止めてからは、自分は自分、他人は他人だと思えるようになった。18歳で大学に入る人もいれば、50歳で入学する人もいる。大事なのは、他人が何をしているかではなく、自分が何をしているのか、自分がちゃんと生き、ちゃんと練習することなんだ」


 出場停止期間中にも、マチダは格闘技の奥義を究めるべく、鍛錬を怠ることはなかったという。


「試合があろうがなかろうが、マーシャルアーティストとしての稽古を欠かさない。キングスMMAやブラックハウスでも練習をしていたし、新たなトレーニング方法を求めてブラジルや世界各国を旅して歩いた。試合以上の自分の使命をみつけたと思っている」

2年4カ月ぶりの復帰戦、不安と期待と

 空手をベースとした斬新なファイトスタイルでUFCライトヘビー級の階段を無敗で駆け上がり、09年には当時の王者ラシャド・エバンス(米国)を下してタイトルを獲得したマチダ。この時、UFC解説者のジョー・ローガンが、「マチダ時代の到来だ!」と高らかに宣言するほど、盤石の強さを誇っていたのだ。その後も、マウリシオ・“ショーグン”・フア(ブラジル)を迎えての大激戦の防衛戦、ランディ・クートゥア(米国)に引導をわたした試合や、ジョン・ジョーンズ(米国)との殴り合いなど、多くの記憶をファンに植え付けてきた。飲尿療法の実践者としても話題を呼んだ。


 そんなマチダも39歳。15年6月のヨエル・ロメロ(キューバ)との戦い以来、実戦は2年4カ月ぶりであり、現在2連敗中と角番でもある。この試合間隔についてマチダは、実戦を通じてしか得られない“戦いのリズム”を取り戻せるかどうかとの不安を明かしながらも、「自分の戦いをしっかり修正する時間が取れた。グラウンドでも、テイクダウンディフェンスでも、得意の打撃でも、常に改善できることはあるんだ」と、グレードアップした戦いを披露することを期している。


 対戦相手のブランソンについては「オールラウンドなコンプリートファイターだと思う。でも自分は、彼のテイクダウンを防ぎ、空手殺法でフィニッシュできると信じている」と語っている。出場停止期間を腐ることなく無事に勤め上げ、表舞台に復帰してくるマチダの熟練の妙技に期待がかかる。

(c) Zuffa, LLC

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント