sportsnavi

ドラフト直前、各球団の「穴」を探る!
高校生に逸材そろう今回のポイントは?

 2017年のプロ野球ドラフト会議がきょう26日に行われる。最大の目玉は何と言っても清宮幸太郎(早稲田実)だろう。人気、実力とも超高校級のスラッガーに何球団が競合するのか注目が集まる。清宮以外では安田尚憲(履正社高)、中村奨成(広陵高)ら高校生野手に逸材がそろう。投手では田嶋大樹(JR東日本)、東克樹(立命館大)、夏の甲子園を制した清水達也(花咲徳栄高)、U−18ワールドカップで活躍した田浦文丸(秀岳館高)らも上位で指名されそうだ。


 各球団がどんなドラフト戦略で誰を上位指名するか気になるところだが、右投手、左投手、捕手、内野手、外野手別の年代構成をもとに、それぞれの穴を分析し、補強ポイントを明らかにしたい。

ソフトバンク:若手野手を指名して未来への投資を!

【ベースボール・タイムズ】

穴:19−21歳の外野手


 覇権奪還に成功した福岡ソフトバンク。投打に他球団垂涎(すいぜん)の戦力を抱えている。投手陣では千賀滉大、武田翔太の2人がまだ24歳で、1年目で結果は残せなかったが、昨年のドラフトでは田中正義の獲得にも成功した。ただ、育成枠を除くと、年齢分布的には若手外野手が不足しており、内川聖一、松田宣浩らの主力野手の高齢化も気になるところ。近い将来に必ず訪れる世代交代をスムーズに行うためにも、上林誠知、真砂勇介らに続く次代の主軸候補を指名したい。

西武:左投手&捕手を補完すべし!

【ベースボール・タイムズ】

穴:19−21歳の左投手

穴:19−20歳の捕手


 世代交代が一気に進んだ感のある埼玉西武だが、チーム全体の年齢分布を見ると20代後半に戦力が固まっており、今後の編成を考えるとフレッシュな若手を多めに加えておくべきだろう。第一課題は、エース・菊池雄星に続く左投手。左腕不足を解消するため、1年目から活躍できる即戦力を何としても確保したい。外野手には20歳の愛斗、19歳の鈴木将平の有望株がいる。それよりも、高卒捕手を最低1人は指名するべきだろう。

楽天:右打ちのスラッガーが欲しい!

【ベースボール・タイムズ】

穴:19−21歳の左投手

穴:19−21歳の内野手


 昨年の藤平尚真の一本釣りだけでなく、近年のドラフトがチーム成績に結びついてきた東北楽天。だが、まだまだ戦力不足。手薄なのは左投手で、今年のドラフトでは是非とも活きのいい若手左腕を指名したい。野手陣の若返りも必要になるが、一昨年に1位でオコエ瑠偉、昨年は捕手(石原彪)と外野手(田中和基)を1名ずつ指名したことを考えると、今年は内野手が狙い目。左打ちの巧打者はそろうだけに、将来の4番候補と言える右の大砲を加えたい。

オリックス:高卒野手の指名で新たなチーム作りを!

【ベースボール・タイムズ】

穴:22−25歳の左投手

穴:19−21歳の捕手

穴:19−21歳の外野手


 優勝を狙うと同時に若返りを図りたいオリックス。昨年のドラフト1位・山岡泰輔が1年目から結果を残したが、今年は先発左腕が欲しい。そして野手の年齢層も上がってきており、高卒捕手、高卒外野手は是非とも指名したいところ。チームの顔になれるのならば、もちろん内野手でもOK。吉田正尚とともに新時代の旗手になれる存在を加えたい。即戦力に偏ることなく、5年先、10年先の将来を考えた長期的視野を持つことが必要になるだろう。

日本ハム:未来の4番&即戦力の中継ぎ左腕を!

【ベースボール・タイムズ】

穴:26−29の左投手


 独自の経営方針でチーム運営を行っている北海道日本ハム。その結果、年齢分布を見ると他球団に比べて圧倒的に若手が多く、今オフの引退、戦力外を経て、現段階では捕手を除くと30代の野手が田中賢介一人のみとなった。その部分が“穴”にはなるのだが、そこは目をつむるしかないか……。ひとまず、武田勝に続いて吉川光夫もチームを離れて数的に不足している左投手の即戦力を加えるべき。そして中田翔の後継者になり得る大砲候補を指名したい。

ロッテ:井口監督の船出に相応しい人材を!

【ベースボール・タイムズ】

穴:19−21歳の左投手

穴:19−21歳の捕手

穴:22−25歳の内野手

穴:19−21歳の外野手


 最下位低迷から井口資仁監督の下で新たなスタートを切る千葉ロッテ。その船出として今ドラフトの指名に注目が集まる。現チームの年齢分布を見ると高齢化が顕著。全ポジションで未来を担える若手を加えるべきだ。理想は、1位で主軸を張れる大型野手を指名し、2位以下で不足する左投手を複数名、さらに将来性のある高校生外野手と正捕手・田村龍弘の後継者候補も指名したい。昨年のドラフトでは投手6人、捕手1人。今年は野手を重視すべきだろう。

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ
プロ野球の“いま”を伝える野球専門誌。年4回発行の『季刊ベースボール・タイムズ』を含め、全国の番記者からプロ野球のホットな話題・情報を届ける。毎年増刊号として発行される選手名鑑『2017プロ野球プレイヤーズファイル』は2月18日発売!今年はさらに充実した内容にスケールアップ!

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント