sportsnavi

ソフトBへの挑戦権かけ獅子と鷲が激突
パCSファーストステージの見どころ
CSでは再び“炎獅子ユニホーム”を着用する西武。相性の良さは発揮されるか
CSでは再び“炎獅子ユニホーム”を着用する西武。相性の良さは発揮されるか【写真は共同】

 10月14日に「2017 ローソンチケット クライマックスシリーズ パ」が開幕。2年ぶりの覇権奪還を果たした福岡ソフトバンクへの挑戦権をかけ、メットライフドームにて2位・埼玉西武と3位・東北楽天による雌雄を決する戦いが繰り広げられる。


 ファーストステージは2戦先勝、最大3戦で行われるため、たった1球、たった一つのプレーが勝敗を分ける“超短期決戦”。相手より先に流れを手繰り寄せ、ミスすることなくリードを死守する力が何よりも求められる。勝利の女神はどちらにほほ笑むか。押さえておくべきポイントを一つずつ、おさらいしていこう。

相性面では西武の圧倒的有利

 今季の対戦成績は西武が16勝、楽天が8勝(1分)というダブルスコアの結果であった。これをメットライフドームでの対戦成績だけに絞ると、西武が9勝3敗と本拠地ではさらに楽天を圧倒している。


【過去5年間の公式戦対戦成績】

2013年 西武:13勝 楽天:9勝(2分)

2014年 西武:13勝 楽天:11勝 

2015年 西武:18勝 楽天:7勝

2016年 西武:11勝 楽天:13勝(1分)

2017年 西武:16勝 楽天:8勝(1分)


 過去5年間の対戦成績を見ても、楽天が勝ち越したのは2016年のみ。日本一に輝いた13年もパ・リーグ5球団のうち、西武だけに負け越していた。直接対決での相性という面では西武が圧倒的に有利といえるだろう。

菊池と十亀が得意とする一方で…

 登板が予想される両チームの先発投手として、年間勝利数上位の4人をそれぞれ比較。対戦成績の詳細は以下の通り。


【西武投手陣・楽天戦の成績】

・菊池雄星 8試合8勝0敗 66回、9失点(自責点6) 防御率0.82

・十亀剣 5試合3勝1敗 30回1/3、8失点(自責点6) 防御率1.78

・野上亮磨 1試合0勝1敗 3回、5失点(自責点5) 防御率15.00

・ウルフ 3試合0勝1敗 16回、13失点(自責点11) 防御率6.19


 菊池と十亀が楽天を得意としているのに対し、野上とウルフはやや苦戦。相性通りに菊池と十亀をマウンドに送り込んで2戦目までを戦い、仮にどちらかを落としてしまった場合、楽天につけ入る隙を与えることになる。


【楽天投手陣・西武戦の成績】

・則本昂大 4試合1勝2敗 25回、17失点(自責点16) 防御率5.76

・岸孝之 3試合2勝1敗 22回、6失点(自責点6) 防御率2.45

・美馬学 6試合2勝2敗 39回、18失点(自責点17) 防御率3.92

・辛島航 3試合1勝2敗 16回1/3、11失点(自責点9) 防御率4.96


 楽天はエース・則本が西武戦で本来の力を発揮できず。今季11勝の美馬、同8勝の辛島も打ち込まれるシーンが目立った。一方で、岸が3試合に登板し防御率2.45と安定。昨季まで在籍していた古巣の強力打線を相手に孤軍奮闘した。

「パ・リーグ インサイト」編集部

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント