IDでもっと便利に新規取得

ログイン

銀メダル荒井、戦略は「自然に任せて…」
競歩で快挙!世界陸上W表彰台&全員入賞
男子50キロ競歩でゴール後、日の丸をまといポーズをとる(左から)銅メダルの小林快、銀メダルの荒井広宙、5位の丸尾知司=ロンドン
男子50キロ競歩でゴール後、日の丸をまといポーズをとる(左から)銅メダルの小林快、銀メダルの荒井広宙、5位の丸尾知司=ロンドン【共同】

 陸上の世界選手権・男子50キロ競歩が現地時間13日、バッキンガム宮殿前の2キロの周回コースで行われ、荒井広宙(自衛隊体育学校)が3時間41分17秒で銀メダル、小林快(ビックカメラ)が3時間41分19秒で銅メダルを獲得した。丸尾知司(愛知製鋼)も5位で入賞を果たした。優勝は大会記録となる3時間33分12秒をマークしたヨアン・ディニズ(フランス)。


 以下は、荒井、小林、丸尾のコメント。

銀メダルの荒井「意外と人が出てこなかった」

(戦略は)特に計算も何もしていないです(笑)。自然に任せながら、思ったよりもレース(のペース)が上がらないので、ところどころ僕が引っ張ったりしました。昨年あたりは(同様な展開の時は)ずっと後ろに着くレースだったのですが、今年は自分から攻めていくレースができるようになりました。たまに前に出て、ずっと引っ張ると疲れるので。たまに後ろに行って帰ってきたりとか。

(周りの警戒はあった?)意外とあったかもしれません。僕の前に意外と人が出てこなかったので、そういうのは感じました。(優勝したディニズについては)世界記録保持者ですし、(先行されたのは)しょうがないかなと。スピードが違い過ぎるので無理に追っても崩れてしまうのかなと。

銅の小林、途中で焦りも「そこで荒井さんが声を掛けてくれた」

途中で警告が出てしまったので、すごく焦って硬くなってしまったところがあったのですが、そこで荒井さんが声を掛けてくれたので、冷静にいくことができました。

荒井さんが何度も声を掛けてくれて、きっと荒井さんはまだまだ余裕があったと思うのですが、メダルを取るレースをしてくれて、なんとか付いていくことができました。

最後はもう行くよということで、そこは勝てませんでした。警告のこともあったのですが、(荒井が)ペースを作ってくれたので、“上げ過ぎ”ませんでした。荒井さんがふるい落としをした時に付いていけたのが、自分の中で良かったことです。

丸尾「周りを気にせず」 入賞の目標達成

入賞というところを見据えていました。作戦としては周りを気にせず、必ず集団から(他の選手が)落ちてくるというのを分かっていたので、その選手たちを拾って(追い抜いて)いければと思っていました。

後半に(ペースを)上げられたところが、今回の良かった点かなと思います。

(入賞は)目標にはしていたのですが、たどり着くか分からないなと思っていました。目指していたところではあるのですが、なかなか想像できなかったです。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント