平井コーチ「こっそり狙っていた」
愛弟子・大橋の銀メダルに笑顔
大橋悠依(左)が女子200メートル個人メドレーで銀メダル。優勝はカティンカ・ホッスー(中央)、3位はマディソン・コックス
大橋悠依(左)が女子200メートル個人メドレーで銀メダル。優勝はカティンカ・ホッスー(中央)、3位はマディソン・コックス【写真:ロイター/アフロ】

 水泳世界選手権(以下、世界水泳)の競泳2日目が24日(現地時間)、ハンガリー・ブダペストで行われ、女子200メートル個人メドレー(2個メ)決勝で大橋悠依(東洋大)が2分7秒91で銀メダルを獲得した。競泳日本代表にとって、今大会1つ目のメダルとなった。優勝は、2分7秒00をマークした地元ハンガリーのカティンカ・ホッスー。今井月(るな/豊川高)は、メダルまであと0秒28に迫る5位と健闘した。


 競泳チーム第1号となったメダル獲得に、大橋を指導する平井伯昌コーチも「正直に言うとこっそり狙っていました」と笑顔。「8秒台は出ると言っていましたが、それを上回って7秒台まで出してくれました」と予想を超える愛弟子の活躍に目を細めた。また、競泳2日目でのメダル獲得に「ここで取ったのはすごく大きい。後のレースでも『いけるだろう』となりますし、これで火が付いた選手もたくさんいると思う」と“波及効果”に期待を寄せた。


 以下は、レース後の平井コーチのコメント要旨。

「(今井)月も含めて、正直に言うとこっそり狙っていました。2年前に渡部香生子さん(JSS立石)が銀メダルを取って、それに続けられるといいなと思っていました。予選、準決勝と目標タイムを設定して、準決勝ではベストを出したいと思っていたのですが、彼女は流しの天才で150メートルをターンしたら流しているんですよ(笑)。もともと8秒台は出ると言っていましたが、決勝ではそれを上回って7秒台まで出してくれました。あれが大橋悠依なんです! すごい力を出してくれて、400(メートル)がすごく楽しみです。


(予選、準決勝で力を温存させた?)そんなことはないですね。ただ、(第1泳法の)バタフライを『27秒でいける力があるぞ』と言っていたんですけれども(準決勝までで)なかなかいかなくて。でも練習ではすごく記録が上がっていました。400が(大橋の)メーンではありますが、(大会の)一番最初にくる種目なので気持ちをのせるためにも2個メに合わせた練習もやっていました。予想を上回ってくれましたが、あんな力があるんです。


(全泳法でベストラップだが、特に良かったのは)昨日(現地時間24日)の準決勝もそうでしたがブレスト(平泳ぎ/第3泳法)です。バッタ(バタフライ)、バック(背泳ぎ/第2泳法)はもともと良くて、穴があるとしたらブレストでした。昨日の(150メートル通過タイムの)1分38秒台もベストラップで、それをさらに1秒近く上回っている。(タイムが上がった)一番の要因は前半で怖がらずに入れたことです。ブレストがあそこまでいくと、4個メの平泳ぎのラップも面白いなと思います。


(大橋をレースに送り出す時にかけた言葉は)月と2人でいたので、ちょこちょこ(個別の会話)はせずに、1990年代(生まれ)が並んでいるから、『90年代には全部勝ってこい!』って言ったら『そんなのできません』と言っていました。(優勝したカティンカ・)ホッスーは80年代だし、月は2000年代だからと冗談を言っていました。(本人たちにメダルの)可能性は十分にあるとは話せないです。でも、月も惜しかったんですよね。2人には『狙える』とは言わないですけれども、こっそりと(裏で)言っていました。招集所の前で円陣を組んで送り出しました。


(2日目もメダルなしに終わりそうだったが)それは大きいです。みなさんの前で『大橋(メダル獲得の)可能性ありますよ』と事前に言わなかったのはちょっとずるいのですが、そんな言えるようなレベルではないので。ただ、こういう状況になってきたら自然と注目されるし言えますが、ここで取ったのはすごく大きいですよ。意外かもしれませんが、後のレースでも『いけるだろう』となりますし、これで火が付いた選手もたくさんいると思うので良かったと思います」

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント