IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高橋がデスマッチ王座初戴冠で更なる革命宣言
鈴木が関本・岡林を連破しストロング王座初防衛

関本、岡林というストロングヘビーの申し子を連破

関本に続き岡林も倒した鈴木秀樹がストロング王座初防衛
関本に続き岡林も倒した鈴木秀樹がストロング王座初防衛【写真:前島康人】

 セミファイナルのBJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合では、鈴木秀樹が元王者の岡林裕二を退け初防衛に成功した。

 鈴木は3.30後楽園大会で、前王者・関本大介との壮絶な死闘を乗り越え、王座初戴冠。岡林とは昨年3.21広島での「一騎当千」公式戦で対戦し、14分39秒、ヨーロピアンクラッチで鈴木が勝利を奪っている。

新卍固めで締め上げレフェリーストップ
新卍固めで締め上げレフェリーストップ【写真:前島康人】

 鈴木は岡林の利き手である左腕に照準を合わせると、鉄柱攻撃、エルボー、腕ひしぎ逆十字固めなどで殺しにかかる。岡林もキャメルクラッチ、ジャイアントスイング、アルゼンチンバックブリーカーなどのパワー殺法で攻めたてると、鈴木の代名詞でもあるダブルアームスープレックスを阻止。ゴーレムスプラッシュで一撃必殺を狙うも、鈴木がヒザ剣山でブロック。すかさず鈴木が新卍固めで締め上げて勝利。関本、岡林というストロングヘビーの申し子を連破したことで、タイトル戦線に新たな風を呼び込んだ。

大地&神谷の「チーム大神」が下克上ののろし

ZERO1退団以来、約3年ぶりの再会となる田中に対しても、臆することなくキックを打ち込んでいく大地
ZERO1退団以来、約3年ぶりの再会となる田中に対しても、臆することなくキックを打ち込んでいく大地【写真:前島康人】

 橋本大地&神谷英慶の「チーム大神」が、関本大介&田中将斗の実力派コンビに快勝。新世代が下克上ののろしを上げた。

 全日本プロレスの春の祭典「チャンピオン・カーニバル」に初参加するなど、着々とキャリアを積み重ねる大地と、昨年はストロングヘビー級王座にも輝いた神谷。大地はZERO1退団以来、約3年ぶりの再会となる田中に対しても、臆することなくキックを打ち込んでいく。

 

 だが、田中&関本も神谷へ交互にエルボードロップを連打すると、10分過ぎ、田中のスライディングDから関本のラリアット、田中のスーパーフライから関本のダイビングボディープレスの連係が決まるも、神谷は自力でクリア。関本のぶっこぬきジャーマンスープレックスは大地がシャイニングウィザードでカットし、合体ブレーンバスター、サンドイッチキック。神谷がラリアットからのバックドロップで関本から完璧な3カウントを奪い取り、世代交代をアピールしてみせた。

高木裕美

静岡県沼津市出身。埼玉大学教養学部卒業後、新聞社に勤務し、プロレス&格闘技を担当。退社後、フリーライターとなる。スポーツナビではメジャーからインディー、デスマッチからお笑いまで幅広くプロレス団体を取材し、 年間で約100大会を観戦している 。最も深く影響を受けたのは、 1990年代の全日本プロレスの四天王プロレス。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント