DeNA、今シーズンの注目ポイント 若い力で一気に頂点もあるか!?

ベースボール・タイムズ

佐野、濱口、笠井らルーキーに注目

オープン戦は打率トップとなる3割7分5厘をマークしたシリアコ 【写真は共同】

 昨季はラミレス監督のもと、12球団で最後となるCS初出場を決めた横浜DeNA。20代の伸び盛りの選手が中心のチーム構成で勢いを感じるが、オフには目立った補強もなく、チーム唯一2ケタ勝利を挙げた山口俊がFAで巨人に移籍するなど、期待と不安が入り混じったシーズンとなる。

 新外国人選手としてチームに加わったのが、ウィーランド、クライン、パットンの投手3人と、三塁手のシリアコ。山口の穴を埋める先発として期待されたウィーランドとクラインだが、オープン戦では安定感を欠く投球が続いた。対照的にリリーフのパットンは、オープン戦で6試合に登板して無失点と好調で、抑えの山崎康晃につなぐ存在として機能しそうだ。シリアコはBCリーグの石川から入団した三塁手で、オープン戦は打率3割7分5厘と絶好調。「5番・サード」での開幕スタメンが濃厚となっている。

 ドラフト入団選手では、1位のサウスポー・濱口遥大の開幕ローテーション入りをラミレス監督が明言している。さらに野手で面白い存在が9位入団の佐野恵太だ。かつて福岡ダイエーなどで活躍した佐々木誠氏を叔父に持つ内野手で、オープン戦では打率3割1分9厘、2本塁打を記録し、左の代打として開幕1軍が有力だ。さらに育成ドラフト1位の笠井崇正は、キャンプの紅白戦や練習試合で好投を続けており、投手陣の状況次第では、シーズン途中の支配下契約で即1軍、という可能性もありそうだ。

5年目の大砲・白崎に開花の予感

 他球団からの移籍組では、東京ヤクルトを自由契約になった田中浩康がセカンドの定位置を奪いそう。優勝経験もあるベテラン二塁手は、若い選手が多いチームにとって貴重な存在となる。また、山口のFA補償選手として加入した平良拳太郎の活躍にも注目したいところだ。

 既存戦力の中での注目は、オープン戦で猛アピールした白崎浩之だ。プロ5年目を迎える内野手は、今年のオープン戦全試合に出場して打率3割4分8厘に加え、12球団トップタイの4本塁打を放った。シリアコ、エリアンと外国人のライバルは強力だが、大型内野手、和製大砲として大きな期待を背負う。外野手では、関根大気がオープン戦16試合に出場して、規定打席数には達しなかったが打率4割7分6厘と大暴れ。俊足と守備が売りのイケメンが、バックアップ要員から打撃向上で定位置確保にも名乗りを上げるか。

 侍ジャパンでも4番を務めた筒香嘉智を中心に、ロペス、梶谷隆幸と並ぶ攻撃時は破壊力があり、桑原将志、倉本寿彦ら、脇を固める選手もクセ者が多く、相手にとっては嫌な打線だ。投手陣は、開幕投手に指名された石田健大と今永昇太の両左腕は魅力で、右の井納翔一を含めた三本柱に対する期待値は高い。ただ、昨季2ケタ勝利を挙げた投手がいないのも現実で、絶対的エースが不在という弱みもある。それでも、山崎康、パットンに加えて、三上朋也に左の田中健二朗らブルペンは充実しており、混戦が予想されるセ・リーグでは、若い勢いで一気に頂点、という可能性もあるかもしれない。

オープン戦成績

5勝11敗1分(12チーム中9位)

チームトップ
打率:シリアコ 3割7分5厘
本塁打:白崎浩之 4本
打点:佐野恵太、ロペス 11打点
安打:シリアコ 21本
四球:桑原将志 11
盗塁:桑原将志 3

防御率:クライン 6.88
勝利:平良拳太郎、今永昇太、石田健大、ウィーランド、クライン 1勝
セーブ:砂田毅樹 1セーブ
登板:平田真吾 8試合
投球回:クライン 17
奪三振:クライン 11

過去5年のシーズン成績

2016年:3位 69勝71敗3分 
2015年:6位 62勝80敗1分
2014年:5位 67勝75敗2分
2013年:5位 64勝79敗1分
2012年:6位 46勝85敗13分
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント