sportsnavi

履正社、日大三を倒した“したたかさ”
清宮から5三振の左腕・櫻井を打ち崩す

三振を怖がらなかった安田の一打

9回表、履正社の3番・安田が日大三・櫻井からレフトオーバーの適時二塁打を放つ
9回表、履正社の3番・安田が日大三・櫻井からレフトオーバーの適時二塁打を放つ【写真は共同】

「いままで対戦したピッチャーのなかで、一番すごいスライダーでした」


 履正社(大阪)のスラッガー・安田尚憲はそう話した。なにしろ、3打席目まで3連続三振。あの清宮幸太郎(早稲田実)が5打席連続三振を喫した日大三(東京)の左腕・櫻井周斗のスライダーに、バットは空を切り続けた。だが、8回に追いつかれた直後、溝辺冬輝のタイムリーで1点を勝ち越した9回の第5打席だ。


「みんながつないでくれたチャンス。集中して打席に入れた」


 岡部仁の救援を仰ぎ、センターに回っていた櫻井が再びマウンドに立つと、その初球。外角真っすぐに踏み込んで、強くスイングした安田の打球は左翼フェンス直撃の二塁打となり、7対5とする貴重な追加点をたたき出した。あれは強く振ったからこそ、と履正社・岡田龍生監督は評価する。


「三振が怖くて当てに行くようでは、次につながりませんから。清宮君だって、振ったからこそ5三振したわけでしょう」


 明暗を分けた場面だった。日大三・小倉全由監督は「3・4番に対して櫻井を(マウンドに)戻すのは、予定通り。スライダーにタイミングが合っていませんでしたからね。ですが、安田君に真っすぐを打たれた時点で、勝負が終わってしまいました。選手は強敵相手によく食らいついてくれたのに、監督が試合を壊しましたね……」

櫻井のスライダーは松井裕樹に匹敵

日大三・櫻井はスライダーを武器に三振の山を築く
日大三・櫻井はスライダーを武器に三振の山を築く【写真は共同】

 日大三と履正社の注目の一戦。試合前、小倉監督が「打たれたら、打って返せ」と話したように、どちらも強打が持ち味のチームだ。


 昨秋公式戦の実績でいくと、日大三は1試合あたりの得点が8.50(32チーム中5位)で、履正社は同8.81の4位。チーム打率は3割5分9厘の履正社が3割4分7厘の日大三を上回るが、チーム本塁打はダントツの15本で並ぶように、長打力は甲乙つけがたい。履正社は安田、若林将平、筒井太成というクリーンアップが、通算打点の上位3位を独占すれば、日大三は井上大成が4本塁打、エース・櫻井、「デカプリオ」として注目の金成麗生(かなり・れお)が3本ずつという破壊力だ。


 ただ、櫻井が最高の立ち上がりだ。昨秋の都大会決勝では清宮の早稲田実に敗れたが、その早稲田実・和泉実監督によると、「櫻井君のスライダーは、松井(裕樹・現東北楽天)君の高校時代とは言わないまでも、それに近い。初めて対戦するチームは戸惑うのでは」。

楊順行
楊順行
1960年、新潟県生まれ。82年、ベースボール・マガジン社に入社し、野球、相撲、バドミントン専門誌の編集に携わる。87年からフリーとして野球、サッカー、バレーボール、バドミントンなどの原稿を執筆。高校野球の春夏の甲子園取材は、2016年春で50回を数える。