sportsnavi

目玉は清宮と安田の東西スラッガー
元巨人スカウトが注目するドラフト候補
“東のスラッガー”として注目を集める早実の清宮
“東のスラッガー”として注目を集める早実の清宮【写真は共同】

 2017年が明ければ、NPBスカウトは各チームへ、新年のあいさつ回りに出る。その動きはスカウト戦線のスタートを意味する。中村和久氏(元巨人チーフスカウト)が、ドラフト候補選手をピックアップしていく。

清宮らを中心にタレントそろう高校生

 17年のドラフトで目玉の選手となりそうなのが、早実の主将・清宮幸太郎と履正社高・安田尚憲の東西スラッガーだ。すでに12球団のスカウトは1位候補にリストアップしているだろう。高校生の大砲コンビが、どこまでレベルアップするか注目したい。


 清宮は1年夏の甲子園では2本塁打を放ち、チームの4強入りに貢献した。すでに高校通算70本塁打を超え、並外れた飛距離が持ち味。出場が確実視される17年センバツでは各校からマークされると思うが、甘い球を一振りで仕留める技術がある。故障さえなければ、高校通算100本はクリアできる。

“西スラッガー”履正社高の安田
“西スラッガー”履正社高の安田【写真=BBM】

 明治神宮大会決勝では清宮の一発に負けまいと、安田も豪快なアーチを右翼席にたたき込んだ。本塁打数は及ばないが、40本を超える。アーチストの角度を持っている選手だけに、プロでも将来のクリーンアップ候補。大型三塁手として、守りも高校生としては及第点。基礎練習を反復すれば、さらに上達するだろう。


 高校生投手では常時140キロ台の直球を投げ込む東海大市原望洋高・金久保優斗、最速145キロを誇る履正社高・竹田祐が上位候補か。秋季東京都大会決勝で清宮から5三振を奪った日大三高・櫻井周斗は、左腕からタテに鋭く変化するスライダーが武器。打者としても非凡なセンスを持っているだけに、投打で注目だ。


 捕手では神宮大会で本塁打を放った福岡大大濠高・古賀悠斗が筆頭。内角をうまくさばく技術があり、リード面を含めた守りも安定する。横浜高・福永奨は中学時代に日本代表入りするなど、強肩強打が魅力。1年時から頭角を現した九州学院高・村上宗隆、新チーム結成後に外野から捕手に転向した神戸国際大付高・猪田和希も経験を積めば面白い。


 外野手は素質のある選手がそろう。右打者では横浜高・増田珠が中学時代に日本代表の4番を務め、慶応高・正木智也は2年春から主軸としてチームをけん引。智弁学園高・福元悠真は豪快なスイングが売りで、2年春の甲子園で左翼席に一発を放ち、優勝に貢献した。左打者では花咲徳栄高・西川愛也、2年時のセンバツでバックスクリーンへ特大本塁打を放った龍谷大平安高・岡田悠希、作新学院高・鈴木萌斗は16年夏の甲子園決勝で2安打を放つなど、俊足が最大の武器。いずれの選手も今後の伸びしろが期待できるだけに、春の結果次第では人気が出てくる。

週刊ベースボールONLINE

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント