sportsnavi

11名退場劇の裏にあったミスと問題
選手・クラブ・Bリーグが得た教訓とは

問題の詳細をリーグが説明

11名退場・退席問題について説明を行った大河チェアマン
11名退場・退席問題について説明を行った大河チェアマン【大島和人】

 男子バスケットボールのBリーグは2日、都内で理事会を開催し、その後に記者会見を開いた。大河正明チェアマンはBリーグ事務局・堀井幹也次長、日本バスケットボール協会審判部・阿部哲也部長とともに、10月30日の千葉ジェッツvs.アルバルク東京戦での11名退場・退席問題について説明を行った。


 バスケットボールのルールでは暴力行為が起こったとき、もしくは起こりそうなときに、ヘッドコーチとアシスタントコーチを除く選手、スタッフがインプレー中のコートに入ることを禁じている。その結果、30日の試合では直接ファウルを犯した千葉のヒルトン・アームストロング以外の10名も失格処分となった。11月1日の規律委員会では千葉、A東京にそれぞれ50万円の罰金が科せられるとともに、騒動の発端を作ったアームストロングが2試合の出場停止と10万円の罰金処分に。他の選手もけん責、厳重注意、戒告といった処分が下された。当日の映像チェックでコートへの侵入が見落とされた田中大貴も、戒告処分を下されている。


 今回の事態は「Bリーグ発足によってルールが変わったから起こった」ということではない。ただしB1は各節9会場に映像システムが導入され、判定の参考に再生装置が用いられている。今回はそれによってプレーを精査した結果が、大量退場劇につながった。


 今回の一件を「乱闘」と報じたメディアもあったが、処分につながった出来事はアームストロングが絡んだ接触プレーを除けば、せいぜい揉み合いレベル。仮にプレーが止まってタイムアウトが宣告された後ならば、それが大きくとがめられることもなかっただろう。

注目度アップがゆえに大きな問題に

 もちろんルールに外れた行動をとった選手には問題がある。とはいえ堀井次長が「JBLやNBLでも(選手がベンチから)出て行ったりはあったけれど、人を特定できていない限り退場にできない。今回のように少し入っていた場合でも、選手を特定できなかったので退場処分にしていなかった場合がある」と説明するように、類似のケースで処分されなかった例は過去にもあったようだ。


 今回はA東京のベンチメンバーが2人、千葉のベンチメンバーが1人という状況になったが、バスケのルール上5人未満になっても2人までは試合の続行が認められる。過去にファウルトラブルなどで途中から「4人対5人」で行われた国内の公式戦もあったという。


 また2000年3月12日に行われたJBL「トヨタ自動車(現A東京)vs.三菱電機(現名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)」(横浜文化体育館)はトヨタの2名、三菱電機の8名が退場処分となった。没収試合となり、記録上はトヨタ自動車が20−0で勝利した扱いになっている。


 大河チェアマンが「判断の材料のために(ビデオ判定を)使ったということは正しい行為だと思います」と述べるようにリーグとして判定内容はもちろん、審判の直後の対応については問題にはなっていない。阿部審判部部長も「インスタントリプレーシステムが始まって1カ月という中で、奇異なケースを冷静に対処し、マイクでの場内説明も行い、よく対応してくれたと評価しています」と述べ、審判の対応については一定の評価を下した。


 ただし田中のコート侵入については直前までプレーしていた、ユニホームを着ていたといった要素から見落としが生じてしまった。これについて阿部審判部部長は「見逃してしまったことに関しては、隠すことでもないですし、謝らなければいけない。処罰というよりは、1週間だけでも勉強していこうということで間を空けました」と説明している。


 また判定に10分以上という時間を要したことについては、3台というカメラの少なさと、ボールの位置とは全く違った場所で接触プレー、侵入が起こったことが影響している。会場のファン、中継の視聴者にとっては不要な時間が生まれたわけで、大河チェアマンも「迷惑をかけたことはリーグ、クラブとして反省しなければいけない」と述べている。


 Bリーグ発足により試合を多くのファンが観戦し、オンデマンド中継も行われていたこともあり、映像がSNSなどで拡散した。Bリーグにとってはややネガティブな話題になってしまったが、判定が精密になったのならば、選手たちはルールを順守するしかない。現場のスタッフと選手たちには、これを教訓として同じ過ちをもう繰り返さないという責任がある。

大島和人
大島和人

1976年に神奈川県で出生し、育ちは埼玉。現在は東京都町田市に在住する。早稲田大在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れ、世界中のスポーツと接する機会を得た。卒業後は損害保険会社、調査会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。バスケットボールやサッカー、野球、ラグビー、バレーなどの現場にも小まめに足を運び、試合観戦数は毎年300試合を超える。日本を実はサッカーだけでなくバスケ強国であるスペイン、バレー王国・ブラジルのような球技大国にすることが一生の夢で、“球技ライター”を自称している。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント