補強期間終了!近年の傾向を考える
増える低リスクな「育成」の支配下登録

 7月31日をもってプロ野球の新規支配下登録が締め切られた(ウェーバー公示による移籍は除く)。主にトレード、新外国人の補強、育成選手から支配下登録に分けられるシーズン途中補強。その増減、内容の移り変わりを振り返り、それぞれの効果を分析したい。

全体としては増加傾向

【ベースボール・タイムズ】

 まずは、全体の傾向を見たい。FA制度が導入された1994年以降の開幕後の補強人数を見ると、90年代は球界全体で10人前後だったものが、2008年に期間が6月末から1カ月延長されたこともあり、特に10年以降は一気に増加。今年も計36人が開幕後に新規支配下登録された。

 

 その内訳を見ると、年ごとの増減はあるが、シーズン途中の「トレード」の数は全体を見ると横ばい、もしくは減少傾向にある。その代わりに「新外国人」の数が増加し、さらに05年オフに育成制度が導入されて以降は、「育成」がシーズン途中補強の大きな役割を担うようになってきている。

 

 今年の開幕後を見ても、「トレード」は藤岡好明(北海道日本ハム→横浜DeNA)、大累進(巨人→日本ハム)、乾真大(日本ハム→巨人)、近藤一樹(オリックス→東京ヤクルト)、八木亮祐(ヤクルト→オリックス)の5人のみ。


 一方、「新外国人」は開幕直後の4月に加入したザガースキー(DeNA)に始まり、締め切り最終月の7月にはデラバー(広島)、ペレス、ペゲーロ(東北楽天)、ウルフ(埼玉西武)、ブロードウェイ(DeNA)と次々と来日し、計14人が加わった。さらにそれを上回ったのが「育成」だ。オールスターにも選ばれた原口文仁(阪神)や5年ぶりの白星を挙げた由規(ヤクルト)ら計18人が、シーズン途中から背番号を変えて再出発を図っている。

トレード件数は横ばい

【ベースボール・タイムズ】

 ここからは「トレード」の数だけを見たい。シーズンオフのトレードとは異なり、シーズン途中のトレードは即効性が求められる。それだけに難しい面があることは確かだ。

 

 過去を振り返ると、92年5月にトレードとなった大久保博元(西武→巨人)が、移籍直後から正捕手として本塁打を量産し、打てば負けない「デーブ神話」もできあがった。12年6月に移籍した藤田一也(DeNA→楽天)も、その年にレギュラーを確保すると翌年にはリーグ優勝、日本一に大きく貢献。15年6月に移籍した矢野謙次(巨人→日本ハム)は移籍後初試合で猛打賞をマークしてお立ち台に上り、今季も代打の切り札として存在感を見せている。


 しかし、全体の数からするとトレードを経ての“成功者”は多くない。前提として日本人がトレードに対してネガティブな印象を持っていることがあるが、それと同時に近年は12球団の均一化も理由にあるだろう。かつては首脳陣との確執を理由に放出される選手が移籍後に「うっぷん晴らし」する場合や、指導法なども含めた球団間の環境の違いが、「変身」につながったことも多かったが、近年は優等生タイプの選手が増え、情報社会の中で球団間の格差が少なくなったことで、トレードの有効性は低くなってきている。

増加しつつある新外国人

【ベースボール・タイムズ】

 じわじわと数を増やしているのが、シーズン途中の「新外国人」補強だ。今年の14人は、12年に並ぶ数字となっている。


 途中加入で活躍した近年の外国人を挙げると、まずは14年5月に加入したメヒア(西武)だろう。加入後の初打席初本塁打からアーチを量産し、シーズン途中入団では史上初となる本塁打王に輝いた。その他、10年4月に加入して2ケタ11勝をマークしたスタンリッジ(阪神、現千葉ロッテ)、同じく10年6月末の加入から15本塁打を放ったホワイトセル(ヤクルト)。13年のキラ(広島)、14年のヒース(広島)はともにCS進出に貢献し、現在主砲として活躍中のエルドレッド(広島)も12年の来日だった。


 だが、こちらもトレード同様に成功率は低いと言わざるを得ない。シーズン途中となると、言葉は悪いが基本的にメジャー昇格を果たせなかった“残り物”の選手の中から選ぶ形となり、その中から“掘り出し物”を探り当てるのは至難の業だ。

育成の支配下登録が主流に

【ベースボール・タイムズ】

「トレード」、「新外国人」に変わって途中補強の主流になりつつあるのが「育成」だ。


 最初の成功者は、07年4月に育成契約から支配下登録された山口鉄也(巨人)だった。その山口の活躍もあり、その後も11年7月の国吉佑樹(DeNA)、12年4月の千賀滉大(福岡ソフトバンク)、同年7月の二保旭(ソフトバンク)、14年5月の飯田優也(ソフトバンク)、15年6月の砂田毅樹(DeNA)らが、次々とシーズン途中の支配下登録から1軍でのひのき舞台に立った。


 そして今年は、先にも挙げたように、原口、由規を筆頭に計18名がシーズン途中に支配下登録された。育成制度については、様々な問題点が指摘されているが、この制度がなければ由規の復活勝利も実現しなかったかもしれず、その存在価値は否定できない。その上で、「トレード」や「新外国人」に比べて球団が抱えるリスクが限りなく低いことが、近年の人数増加に大きく影響しているだろう。


 もちろん、“育った”ということも理由にあるが、それ以上にチームの弱点を埋める“補強”という側面が強くなってきた「育成」。その在り方は、今後も議論の対象となるだろう。


(文・三和直樹、グラフィックデザイン・山崎理美)

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の“いま”を伝える野球専門誌。年4回発行の『季刊ベースボール・タイムズ』を含め、全国の番記者からプロ野球のホットな話題・情報を届ける。毎年増刊号として発行される選手名鑑も好評!『2019プロ野球プレイヤーズファイル』は2月15日に発売!今年も内容をスケールアップし、全選手を徹底解剖しています!

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント