オスプレイがリコシェを破りスーパーJr初勝利
注目のハイフライヤー対決に後楽園ホール熱狂
【横田修平】

 新日本プロレス・ジュニアの祭典「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」(BOSJ)が27日、東京・後楽園ホール大会で開催され、Bブロック公式戦4試合などが行われた。

 メインイベントでは、リコシェとウィル・オスプレイによるハイフライヤー対決が行われ、戦前の期待をはるかに上回る異次元の攻防に、後楽園ホールは興奮に包まれた。

異次元の攻防に歓声とどよめきの連続

【横田修平】

 試合開始から目にも留まらぬアクロバティックな攻防に早くも大興奮の会場。オスプレイはスワンダイブ式のボディープレスをドロップキックで迎撃すると、卍固めで捕獲。リコシェもジャンピングDDTでオスプレイを場外に落とすと、セカンドロープに足をかけてのトルニージョで反撃する。

 しかし、オスプレイもハンドスプリング式のハイキック、スワンダイブ式アタックでリコシェを場外に落とすと、ひねりを加えたサスケスペシャルでお返し。リコシェも変型のバックドロップホールドからベナドリラーを狙うも、オスプレイはかわしハイキックの相打ちでダブルノックダウン。会場からは両者に大きな声援が飛ぶ。

【横田修平】

 エプロンでの攻防からリコシェがデスバレーボム。オスプレイもリバースフランケンで場外マットに突き刺すと、危険技の連続にどよめきが起こる。両者カウント19でリングに戻ると激しいエルボー合戦。オスプレイが頭突き、リコシェのベナドリラーをかわすと、レインメーカーを狙うもリコシェが阻止。オスプレイのカウンターのスライスブレッドもカウント2。歓声が起こった。

【横田修平】

 リコシェはノーザンライトからのブレーンバスターを決めるも、その場跳びシューティングスタープレスはカウント2。オスプレイはファイヤーバードスプラッシュもかわし、カナディアン・デストロイヤー式DDT。ベナドリラーをかわすと、トルネード式キック、コーナーからのオスカッターで3カウント。悲願のスーパージュニア初勝利を飾った。


 勝ったオスプレイは退場するリコシェに握手を求めるも、リコシェは再びリングに戻ると胸を突いて拒否。しかし「ワンモアマッチ」と再戦を約束し握手をかわすと、会場からは大きな

ライガー、ボラドールに敗れ初黒星

【横田修平】

 開幕2連勝と絶好調の獣神サンダー・ライガーは、メキシコCMLLのスター、ボラドール・ジュニアと対戦。勢いのあるライガーは、雪崩式ブレーンバスター、掌底、ライガーボムと積極的に畳みかけるも、雪崩式のフランケンはボラドールが阻止。

 ボラドールもティヘラで場外に落とすと、ロングタイツを脱いでからノータッチトペ。ライガーはラ・マヒストラル、ロメロ・スペシャル、コーナー最上段から場外にプランチャ。垂直落下式ブレーンバスターを狙うもボラドールはバッククラッカー。マスクを脱いでムーンサルトを狙うがライガーが剣山で阻止。すかさずコーナーに上がるが、ボラドールもコーナーに上がると最上段からの雪崩式スパニッシュフライで試合を決めた。試合後はお互いクリーンに健闘を称えあった。


 このほか、タイガーマスクがセコンドの裕二郎の乱入に苦しみながらもチェーズ・オーエンズを下し初勝利。ボビー・フィッシュもバレッタをヒールホールドで下し初勝利を飾った。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント