元マ軍指揮官が語る“イチロースタイル” 2004年、年間最多安打更新の裏で…

丹羽政善
アプリ限定

2003年、04年とマリナーズ監督を務めたメルビン現アスレチックス監督(左) 【Getty Images】

 2003年、04年にマリナーズの指揮をとったボブ・メルビン現アスレチックス監督。短い期間ではあったものの、今もイチローとの交流が続く。当時のイチローの様子。04年にイチローが年間最多安打を記録する裏でどんなことがあったのか。そしてその後の交流の一端を語ってくれた。

 メルビン監督は03年にマリナーズの監督に就任。ファンに愛されたルー・ピネラ監督の後を託されたことになる。そのピネラ時代のチームは世代交代が急務で、エドガー・マルティネス、ジェイミー・モイヤーらに変わってイチローがチームの顔となりつつあった。

 そんなイチローについて、就任前の監督はどんな印象を持っていたのか。

「大リーグで最高のリードオフマンということ。でも出塁の仕方はユニークで、四球は決して多くないのに、出塁率が高い。四球の少なさをヒットで補っている特殊な選手という印象だった。安打製造機というわけだ。でも、02年の四球は決して少なくないはず。敬遠が多かったからね」

 評価に関しては、こんなことを耳にしていたそうだ。

「彼の試合に対する準備。試合に向けて、毎日のルーティンがあり、それを黙々とこなすストイックさを聞いていたが、その通りだった」

 加えて、こんなイチローを知ることになる。

「ルーティンだけじゃなくて、監督になってから知ったことは多いけれど、道具に対するこだわりもその一つだね。道具を大切にする姿勢には感心させられた」
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米。インディアナ州立大学スポーツマネージメント学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行う。3月24日、日本経済新聞出版社より、「イチロー・フィールド」(野球を超えた人生哲学)を上梓する。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント