IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジミーズから初のドリームゲート王者が誕生
ジミー・ススムが鷹木を破り10年ぶり戴冠
ジミー・ススムが10年ぶりドリームゲート王座戴冠。ジミーズから初の王者となった
ジミー・ススムが10年ぶりドリームゲート王座戴冠。ジミーズから初の王者となった【(c)株式会社ドラゴンゲート】

 DRAGON GATEの福岡大会「TRUTH GATE 2016」が14日、福岡・博多スターレーンで行われ、ジミーズから初のドリームゲート王者が誕生した。

 この日メインイベントで行われたオープン・ザ・ドリームゲート選手権試合。王者の鷹木信悟に挑むは、ジミー・ススム。昨年末の福岡大会で同王座に挑戦しながら返り討ちに合ったCIMAを目の当たりにし、同年代であり同じベテラン世代として次期挑戦者に名乗りを挙げて迎えた一戦だった。

YAMATOのパウダー攻撃が鷹木に誤爆

YAMATOのパウダー攻撃が鷹木に誤爆するアクシデント
YAMATOのパウダー攻撃が鷹木に誤爆するアクシデント【(c)株式会社ドラゴンゲート】

 自身でも10年ぶりの王座戴冠に向け気合満々のススム。これまでの前哨戦でも2度も鷹木から直接フォールを奪うなど、本番前から有利に運ぶかに見えたが、そこはこれまで百戦錬磨のベテランたちを次々と撃破し防衛を重ねてきた鷹木。タイトルマッチ本番となると、これまでの劣勢が嘘のような王者の猛攻にススムは防戦一方。そんななか、アクシデントが発生。鷹木のセコンドのYAMATOが、なんとパウダー攻撃を鷹木に誤爆。

ジャンボの勝ち!でついに鷹木から3カウント奪取
ジャンボの勝ち!でついに鷹木から3カウント奪取【(c)株式会社ドラゴンゲート】

 これで歯車が狂ったか、その後もススムを攻め立てるが、決め手を欠く状況。鷹木の一撃必殺ラストファルコンリーでも3カウントを奪えないという状況のなか、ジャンボの勝ち!(ラリアット)を決めたススムの執念が勝り、ついに鷹木から3カウントを奪った。

強制離脱をかけ鷹木がリマッチ

鷹木の「負けたらYAMATOのヴェルセルク強制離脱」の条件に不穏な空気
鷹木の「負けたらYAMATOのヴェルセルク強制離脱」の条件に不穏な空気【(c)株式会社ドラゴンゲート】

「敗因はYAMATOの誤爆」と盟友を詰りつつ、敗戦に納得のいかない鷹木はすぐさまリマッチを要求。これに、ここまで散々見下されてきたススムは鷹木に何かしらのリスクを背負うことを条件にリマッチを受諾。


 鷹木は「俺が負けたら、今回の敗因となったYAMATOをヴェルセルクから追放する」と言い放つと、これにYAMATOは激怒。結果、「敗れた場合は鷹木本人がヴェルセルクから強制離脱」という条件で落ち着いたものの、両者の間には不穏な空気が漂ったのだった。


 早速決定したリマッチ。両者は3.6大阪大会で再び雌雄を決する。


■CHAMPION GATE 2016 in OSAKA 

3月5日(土)エディオンアリーナ大阪


<オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合>

[王者]Kotoka

[挑戦者]ヨースケ・サンタマリア

※この他、オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合を開催予定。


■CHAMPION GATE 2016 in OSAKA

3月6日(日)エディオンアリーナ大阪


<オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合>

[王者]ジミー・ススム

[挑戦者]鷹木信悟

※鷹木が敗れた場合にはヴェルセルクを強制離脱となる特別ルール。この他、オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合を開催予定。

DRAGON GATE「TRUTH GATE 2016」

【(c)株式会社ドラゴンゲート】

2月14日(日)福岡・博多スターレーン 観衆:1800人(超満員札止め)


<第6試合 オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合 60分1本勝負>

[挑戦者]○ジミー・ススム

(29分40秒 ジャンボの勝ち!固め)

[王者]●鷹木信悟

※ジミー・ススムが23代王者に


<第5試合 45分1本勝負>

吉野正人、○戸澤陽、Kzy

(19分44秒 高速ジャーマンスープレックスホールド)

土井成樹、YAMATO、●Kotoka 


<第4試合 30分1本勝負>

○T−Hawk

(12分33秒 ナイトライド→片エビ固め)

●ビッグR清水


<第3試合 30分1本勝負>

ドン・フジイ、○ドラゴン・キッド

(13分06秒 バイブル)

CIMA、●Eita 


<第2試合 20分1本勝負>

望月成晃、○ヨースケ・サンタマリア

(9分14秒 狙い撃ち)

●谷嵜なおき、問題龍


<第1試合 20分1本勝負>

堀口元気H.A.Gee.Mee!!、○斎藤“ジミー”了、ジミー・神田、ジミー・クネスJ.K.S.

(10分30秒 斎了ロケット→片エビ固め)

Gamma、パンチ富永、エル・リンダマン、●山村武寛


<第0試合 5分1本勝負>

△U−T

(時間切れ引き分け)

△石田凱士

株式会社ドラゴンゲート

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント