IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“由伸二世” 慶大・谷田成吾
悔しさを胸に2年後のドラフトを目指す
入社前からJX-ENEOSの全体練習に合流して汗を流す谷田
入社前からJX-ENEOSの全体練習に合流して汗を流す谷田【写真=BBM】

 大学3年の時には既にプロ一本に絞っていた。指名漏れした時のことなど、一切考えなかった。まさに「退路を断って」臨んだプロ野球ドラフト会議。しかし、とうとう彼の名は呼ばれなかった――。谷田成吾。現役では東京六大学リーグ通算最多15本塁打を誇る左のスラッガーはその日、2016年のプロへの道を閉ざされた。


「切り替えは早いほうではない」と言う谷田だが、ドラフトで出た結果は意外にもすんなりと受け入れることができたという。


「もちろん、ショックはショックでしたよ。でも、誰が悪いわけでもなく、自分の実力が足りなかっただけのことですから、仕方ないなと。それよりも、自分はもっとできると思いましたし、やるべきことは山ほどある。だったら、もう次にいくしかないなと思ったんです」

ドラフト翌日から20社以上のオファー

 ドラフト翌日から彼の下に届いた社会人からのオファーは、20社近くにものぼった。その中から彼が選んだのは、高校、大学の先輩が活躍している姿をずっと見てきたJX−ENEOS。12、13年には連覇を達成するなど、都市対抗で11度の優勝を誇る社会人きっての強豪である。


 現在は走り込みなどの基礎トレーニングが主な練習メニューだが、早速、大学との違いを感じている。


「社会人では一発勝負のトーナメントになる。だから、大学の時以上に、いざという時に力を発揮しなければならない。そのため練習でも、例えばランニング中、一番厳しい時間帯に先輩から『ここが一番ヤマ場だぞ。試合だったら○回○アウトの場面だから、ここを頑張って乗り越えよう!』という声がかかったりするんです。大事な時に力を発揮するには、普段の練習から意識することが重要なんだなということを感じています」

週刊ベースボールONLINE

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント