明暗分かれた樋口新葉と本田真凜
ジュニア有望株、それぞれの全日本

試練を味わった本田

今季、快進撃を演じてきた本田は9位。ほろ苦い全日本デビューとなった
今季、快進撃を演じてきた本田は9位。ほろ苦い全日本デビューとなった【坂本清】

 樋口が進化の跡を残した一方で、本田にとって初めての全日本は苦い記憶となってしまった。


 本田は今季、初参戦のJGPシリーズでコロラドスプリングス(米国)2位、クロアチア杯では優勝と快進撃を演じた。全日本ジュニアは6位に終わったものの、JGPファイナルでは銅メダルを獲得。5人兄弟のうち4人がフィギュアスケートをやっており、さらには妹の望結が人気子役という家族環境もあいまって、現在最も注目を集めるジュニア選手だ。


 SPでは冒頭の3回転ループ+3回転トウループをきれいに決めるなど、出だしは快調だった。だが、後半の3回転フリップで転倒。得点も58.23点と伸びず、11位スタートとなった。それでもミックスゾーンでは時おり笑顔も見せていた。


「ジャンプでミスはあったんですけど、すごく楽しかったです。全日本は上の方までお客さんがたくさんいるので、その人たちにまで表情が見えるように演じていました。こういう大きな試合に出られたことは、自分にとって大きな自信につながると思うので、FSも頑張りたいと思います」


 しかし、FSではさらなる試練が待ち構えていた。冒頭の3回転ルッツで転倒。その後は要素を決めていくが、最終ジャンプの3回転フリップで再び転倒してしまう。2つ順位を上げたものの9位に終わり、悔しさをあらわにした。


「すごく緊張してしまって、自分の思い通りの演技ができませんでした。どんな演技をしたかもあまり覚えてないくらいです。世界ジュニアが懸かっていることを考えたら、SPでノーミスができなかったので、FSはノーミスをするしかなくなってしまった。それで緊張してしまったんだと思います」

ここで得た経験を今後にどう生かすか

 対照的な結果に終わった樋口と本田だが、両者共に世界ジュニアの代表メンバーに選ばれた。同大会に向け、2人は決意を新たにする。


「海外の選手は身長が高いので、私は小さいぶん自分を大きく表現できるような演技がしたいと思っています。今はどんどん調子が上がってきているので、このまま調子が下がらないように練習をして、緊張せずに演技をしたいと思っています」(樋口)


「全日本のことはちょっと落ち込むと思うんですけど、すぐに忘れます。練習をもっとしっかりやらないと勝てないと実感したので、自分なりに頑張れたらいいなと思います」(本田)

14歳の白岩優奈も5位と健闘。FSの演技後は満面の笑みを見せた
14歳の白岩優奈も5位と健闘。FSの演技後は満面の笑みを見せた【坂本清】

 2人のほかにも次世代を担うホープたちが集った今大会。樋口や本田とともに、世界ジュニアの代表に選ばれた14歳の白岩優奈(京都醍醐FSC)は初出場ながら5位に入り、「自分が出せることを全部出し切って演技することができた」と笑みを浮かべた。


 その一方で、難度の高い3回転ルッツ+3回転ループを成功させた史上4人目の選手である13歳の青木祐奈(神奈川FSC)は16位に終わり、「すごく緊張と不安があって、それに勝てなかった」と涙を見せた。


 かつてないほどジュニアの選手たちにスポットが当てられた大会になったが、それも日本女子の層の厚さを証明するものだろう。満足いく成績を残せた選手、不本意な結果に終わった選手それぞれがここで得た経験をどう生かし、今後の成長につなげていくかは彼女たち次第。来年はより進化した姿をこの舞台で見せてほしいものだ。


(取材・文:大橋護良/スポーツナビ)

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント