セリーナ、年間グランドスラムに前進
立て直しにはサーブの復活が必須
  • WOWOW

年間グランドスラム達成は!?

セリーナは史上4人目の年間グランドスラム達成を目指す
セリーナは史上4人目の年間グランドスラム達成を目指す【写真:ロイター/アフロ】

 グランドスラムの今季最終戦・全米オープン第5日が4日、男女3回戦が行われ、女子では第1シードのセリーナ・ウィリアムズがベサニーマテック・サンズ(ともに米国)に逆転で勝利を飾った。セリーナはこれで、女子では1988年のシュテフィ・グラフ以来となる、史上4人目の年間グランドスラム達成にまた一歩近づいたことになる。


 昨年のこの大会からグランドスラム4連覇中のセリーナは、マリア・シャラポワ(ロシア)が欠場したこともあり「年間グランドスラムは堅い」と言われてきた。しかし、ここまで勝ち上がった試合を振り返ると不安を残す内容が続いており、その問題は対戦相手よりセリーナ自身にあると言わざるを得ない。


 テニスの記録は、相手に仕込まれたミス(フォーストエラー)と自分の凡ミス(アンフォーストエラー)を分けて考える。2回戦で戦ったキキ・バーテン(オランダ)との第1セット、セリーナには26本もアンフォーストエラーがあった。相手も16本のアンフォーストエラーがあったためセットこそ落とさなかったが、この日は違った。セリーナのアンフォーストエラー14に対し相手は1。サンズにシングルスの優勝経験はなく、ランキングも101位とセリーナとの差は大きい。セリーナがセットを落としても場内は楽観ムードに包まれていたが、本人に余裕はなかった。

サーブの復活が必須

4回戦の対戦相手はキーズはウィンブルドンではベスト8に入った伸び盛りの若手
4回戦の対戦相手はキーズはウィンブルドンではベスト8に入った伸び盛りの若手【写真:ロイター/アフロ】

 セリーナの最大の武器、サービスがよくない。この日、3セットマッチでサービスエースはたった7本。しかもセカンドサーブからのポイント獲得率は42パーセントと下がる。2回戦の試合後、セリーナはそのまま練習コートに向かってサーブ練習をしていたが、この日も改善は見られず、この先のドローを見ると前途は厳しい。


 同じく序盤に苦しんだウィンブルドンの場合、4回戦の相手はビーナス・ウィリアムズ(米国)だった。子供の頃から打ち合った姉との試合で流れを切り替えることができた。今回の4回戦の対戦相手はマディソン・キーズ(米国)。今年の全豪オープンでベスト4、ウィンブルドンではベスト8に入った、伸び盛りの米国期待の20歳だ。


「固くなっているということはない。(グランドスラム4連勝のかかった)ウィンブルドンは意識したけれども、今回はみんなが言うほど意識していない」


 年間グランドスラムがかなうか否かは、サーブの復活にかかっている。

ナダル、フェレール、ラオニッチも敗れる

苦手のフォニーニに敗れ、3回戦で姿を消したナダル
苦手のフォニーニに敗れ、3回戦で姿を消したナダル【写真:ロイター/アフロ】

 男子では、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はストレートで勝ち上がったが、ラファエル・ナダル(スペイン)は第32シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)に2セットリードから逆転負けを喫した。ナダルは今シーズン不調で、ハードコートシーズンに入ってからも錦織圭(日清食品)、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)に敗れているが、グランドスラムで一つもタイトルを取れなかったのは2004年以来11年ぶり。フォニーニには今季だけで3回も敗れている。


 第7シードのダビド・フェレール(スペイン)、第10シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)も敗れ、1回戦で錦織を倒したノーシードのブノワ・ペール(フランス)が第26シードのトミー・ロブレド(スペイン)を倒してベスト16に残っている。


文:武田薫


◆◆◆ WOWOW番組情報 (PR)◆◆◆

 WOWOWでは8月31日(月)〜9月14日(月)まで、全米オープンテニスを連日生中継という圧倒的なボリュームでお届け。詳しくは以下へ。

WOWOW

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント