ハリルホジッチ「全員が満足する試合を」
カンボジア戦、アフガン戦メンバー発表

川島には早くクラブを見つけてもらいたい

今回もスクリーンを使いながらメンバーを発表。GKではメンバーを外れた川島永嗣についてもコメントした
今回もスクリーンを使いながらメンバーを発表。GKではメンバーを外れた川島永嗣についてもコメントした【スポーツナビ】

ハリルホジッチ 今回の合宿だが、3人のGKを選んだ。Jリーグでプレーしている3人だ。見て分かるように今回初めて川島がグループに入っていないということになる。残念ながら彼はまだ自分のクラブチームを探すことができていない。おそらくもう少ししたらクラブが決まると思うが、ここ4、5年ずっと日本代表のメンバーでありながら、クラブを見つけられないというのは少し驚きを感じている。彼がしっかりプレーして、なおかつクラブを見つけられるように期待している。彼に代われる選手はなかなかいないが、この3人は国内でしっかりとパフォーマンスを見せているし、このリストの中に入っても全く問題のない選手だと思っている。彼らにはチャンスをつかんでほしいと思っている。そして自分にも自信を持ってプレーしてほしい。確かにまだ経験は少ないかもしれないが、代表の試合というものは自信を持って戦わないと難しいものだと思う。


 われわれのテクニカルスタッフで彼らをカバーしながら、この合宿で良いサポートをしていく。何人かのスタッフは西川のトレーニングを視察し、少し合宿の準備を手伝ってもらっている。中国でやった試合(東アジアカップ)でも、かなりのものを発見できた。代表のレベルというものを彼らには見せてほしいと思う。


 川島に関してはできるだけ早くクラブを見つけてもらいたい。たとえばフランス(のクラブ)なんかもサポートしていきたいと思っているし、実際にそういったこともやっていたのだが、ポジティブなレスポンスがなかった。川島はしっかりとしたクオリティーを持っているので、どこかのクラブは見つかると思っている。


 西川と東口は向こう(東アジアカップ)でプレーした。そしてクオリティーもしっかり見せてくれた。経験は少ないと思うが、このようにして経験を積んでいってほしいと思う。ここ5年、川島が先発で出ていたので、他の選手がほとんどプレーできていないということだった。この状況だと準備が必要になってくると思う。

高徳は難しい状況だが、信頼している

ハリルホジッチ ディフェンスに移りたい。吉田は定期的に試合を重ねている選手だ。テクニカルスタッフが向こう(イングランド)を訪れて、吉田と岡崎と話をしてくれた。吉田に関しては経験もあるし、成熟している選手なのでこのチームにかなりのものをもたらしてくれると思っている。


 丹羽は素晴らしいメンタルを持っていると思う。本当に戦う選手だ。ここ(代表)に来る資格があると思う。槙野も同様だ。代表にふさわしい選手にだんだんなってきた。向上していると思う。しかし、いろいろなところでまだ向上するところがあると思う。日を追うごとにディフェンスも丁寧になってきている。今までは無駄なファウルをして私を怒らせたこともある。それに勝っていって、いろいろなところで向上していった。そしてオフェス面でのFKでも、彼は重要な存在になってきている。シンガポール戦でも彼のおかげでチャンスが作れた。槙野は人間性も良く、チームに良い雰囲気をもたらしてくれる選手だ。


 森重には、東アジアカップでキャプテンをしてもらったので、たくさん話をした。彼もまだ伸びると思う。そしてよく話を聞いてくれ、チームに安定感を与えてくれる選手だと思う。今一番(選手として)良い時期に来ているのではないかなと思う。


 右サイドバック(SB)は、酒井宏樹と(酒井)高徳だ。彼らは海外でプレーしているが、宏樹の方はようやくプレーし始めた。彼はものすごくポテンシャルがあるので、かなり向上することを期待している。特にフィジカル面でのポテンシャルが高い。それをこれからしっかり使ってほしいと思う。


 高徳に関しては少し難しい状況だ。クラブを変えてまだプレーしていない。彼はまだまだこれから前進しなければいけない。ただ、信頼している。国内で彼に代わる選手は見つけられていないので、先発メンバーに入ってほしいと思っている。彼も毎回合宿に呼んで、しっかりと真面目にトレーニングをしてくれるので、自分のクラブで先発メンバーに入ってほしいと思っている。これは全員に言えることだが、彼に言っておきたいのは彼よりも良いパフォーマンスをする選手が見つかれば、ポジションを失ってしまうということだ。

藤春よりも米倉が少し勝っている

ハリルホジッチ 長友もまだインテルで先発に入り切れていない。クラブを替えたいと言っているようだが、まだそれが実現できていない。そして別のクラブに行くのかどうかもまだ全然分からない。ただ彼はビッククラブで有名な選手とプレーしているので、フィジカル的にもトップだ。もちろん天性のものでもあるし、ずっとやってきたフィジカルのおかげで彼はこの状況にいる。彼も経験という部分ではたくさんあると思うので、先発に入ってほしいと思う。それを今度しっかりと話したい。


 米倉は新しい選手だが、左SBの候補だ。昨夜(の全北現代モータース戦/0−0)はプレーしてなかったが、東アジアカップで彼が見せてくれたパフォーマンスによって選んだ。藤春(廣輝)と競争していたが、藤春は今は少し疲れている。太田(宏介)もこのポジションで競争していたが、けがをしている。米倉に関しては戦う意識、フィジカルの部分、そして中国戦(1−1)では得点にも絡んだ。トレーニングでも彼はすごく戦っているところを見せてくれた。国内の選手に言っておきたいのは、こういうことが起きるということだ。良いプレーをすれば代表に入れるというメッセージだ。G大阪でも定期的に試合に出て、代表に定着してほしいなと思う。なかなか左利きがいないのだが、藤春よりも少し米倉が勝っている。太田は残念ながらけがをしている。毎試合Jリーグを分析するし、良い選手だと思えば代表に呼びたい。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント