“観客目線”を忘れたF1グランプリ
赤井邦彦の「エフワン見聞録」第45回

弱者を切り捨てるスポーツに成り下がったF1

FIA会長のジャン・トッド(右)と、F1界のボスであるバーニー・エクレストン。シルバーストンのグリッドに現れた2人は、今後のF1についてどう考えているのか?
FIA会長のジャン・トッド(右)と、F1界のボスであるバーニー・エクレストン。シルバーストンのグリッドに現れた2人は、今後のF1についてどう考えているのか?【LAT Photographic】

 F1グランプリは今、必死でF1グランプリであろうとしている。なぜなら、その足元が揺らいでいるからだ。

 成長し過ぎ、これ以上の成長に危機感を覚えるあまり、次々と採用した規制が、F1グランプリをF1グランプリでなくしつつあるという現実。その現実の歪(ゆが)みが見え隠れする。


 F1グランプリの歪みは、すべて経費高騰に始まったと言っていい。特に1990年代から始まった技術の先進開発が金食い虫だった。次々と登場する先進技術。それを際限なく採用するチーム。自動車メーカーはエンジンを無制限に供給し、オイルメジャーはまさしく湯水のようにガソリンを供給した。その結果、F1グランプリにかかる経費は天井知らずの高騰。このあたりからトップチームと下位チームの間にさまざまな差が開き始めた。そして、F1グランプリは次第に、弱者を切り捨てるスポーツに成り下がってきた。

無理があった規則改訂

 この経費高騰、技術の急激な進化によって、現出したチーム間のパフォーマンス差をなくそうとする動きが出てきたのは、当然と言える。そのために採用されたルール、レギュレーションは無数にある。それらは経費節減に効果的なものが多かったことも事実だ。ただ、今になってそれらに無理があったのではないか、という症状が出始めたことも見逃せない。


 例えば、年間のエンジン使用基数を制限したせいで、制限内に収められなかったチームはスタートグリッド降格のペナルティを受ける。本来、グリッド降格などというペナルティはあまり意味をなさない。ペナルティというものは、レースでリゲインできない要素を持っていなくてはならない。ゆえに、タイム加算が正当なものだ。しかし、結果が出た後では、タイム加算が意味をなさないとして、次レースのグリッド降格などと引き換える。そもそもその引き換えができるルール自体おかしい。それが、先日なされた「25グリッド降格」などという、荒唐無稽な罰則を与えるようになれば、何をかいわんや、である。

F1グランプリは茶番劇か?

 シーズン中のエンジン開発制限も、結局は破綻している。基本的に制限を設けながらも、いくつかの場所においてはトークンという配分された権利を使えば、改良が可能になる。トークンというのはプログラミング言語、あるいはコインの代わりに使う丸い金属片を言うが、F1では後者を思い起こさせる。それぞれのエンジンメーカーは、このトークンをいくつか与えられており、シーズン中でもそれを使えば、ペナルティを受けないでエンジンの改良が可能になる。「違反だけど許してあげよう」という上から目線のFIA(国際自動車連盟)は、F1グランプリをどう牛耳ろうとしているのか?


 実はこうした不条理に対する怒りを並べたのは、そこに観客目線を忘れているからだ。25グリッド降格して、なおレースに出られる理由も、ルール違反でありながら抜け道を使ってエンジン開発を続けられる滑稽も、観客にしてみれば何の意味も持たない。それどころか、ルール違反を裏技で正当化されることを前提にしたルールがはびこるF1グランプリを見て、観客は何と思うだろう? もっと観客がひと目で分かるルールをもったイベントにしてほしい。そうでなければ「F1グランプリは茶番劇か?」と誰もが思うことになる。F1グランプリがそれでいいはずはない。

『AUTOSPORTweb』

【AUTOSPORTweb】

F1やスーパーGTの最新情報をリアルタイムでお届けするモータースポーツ専門サイト

赤井邦彦/AUTOSPORTweb

赤井邦彦:世界中を縦横無尽に飛び回り、F1やWECを中心に取材するジャーナリスト。F1関連を中心に、自動車業界や航空業界などに関する著書多数。Twitter(@akaikunihiko)やFacebookを活用した、歯に衣着せぬ(本人曰く「歯に衣着せる」)物言いにも注目。2013年3月より本連載『エフワン見聞録』を開始。月2回の更新予定である。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント