sportsnavi

有馬でラストランを迎える名馬たち
引退戦にかけるそれぞれの思い
ジャスタウェイら有馬記念で引退レースを迎える馬たち、陣営それぞれの思いを聞いた
ジャスタウェイら有馬記念で引退レースを迎える馬たち、陣営それぞれの思いを聞いた【netkeiba.com】

 2014年の総決算、有馬記念。今年もこのレースを最後に引退する名馬がいる。3月にドバイDFを圧勝、ワールドベストホースランキング1位となったジャスタウェイ。牝馬三冠をはじめジャパンC2連覇など牡馬と混じり活躍したジェンティルドンナ。初のマイルの舞台で武豊騎手のGI100勝目に華を添えたトーセンラー。クラシックではジェンティルドンナの2着に泣きながらもヴィクトリアMを連覇したヴィルシーナ。彼らが築き上げた一時代が、幕を閉じようとしている。その勇姿をこの目に焼き付けるため、ラストランにかける陣営の思いを直撃した。(取材・文・写真:大恵陽子)

ベストでない条件でも状態面はすごくいい

「全てを跳ね返してくれるだけの状態の良さ」と福永
「全てを跳ね返してくれるだけの状態の良さ」と福永【netkeiba.com】

 ワールドベストホースランキング1位のジャスタウェイが、有馬記念でラストランを迎える。


 3歳時にアーリントンCを勝ち、重賞ウィナーの仲間入りを果たしたが、僚馬にはゴールドシップというスターがいた。確かな実力を持ちながらも、スターの影に隠れがちだったジャスタウェイは、2013年の天皇賞・秋でその力をいかんなく見せつけた。


 前年の年度代表馬ジェンティルドンナを相手に4馬身差の圧勝劇。父ハーツクライから受け継いだ成長力も後押しし、スター街道を一気に駆け上がった。この勝利は、大和屋暁オーナーにとっても、初めて所有した愛馬での初GI制覇という非常に思い入れの深いものとなった。


 そうして挑んだ今春のドバイDF。6馬身1/4差、レコードでの圧勝劇には、国内のみならず世界からも評価され、日本調教馬では初となるワールドベストホースランキング単独1位を獲得した。「海外GIも勝てたのは、応援してくださったファンのみなさんのおかげだと思っています」と須貝尚介調教師は感謝を口にする。


 世界一の馬のラストランが刻一刻と近づいてきた。凱旋門賞からの帰国初戦となった前走ジャパンCを振り返り、福永祐一騎手は「良化途上にありながら、馬は大変がんばりました」と讃える。世界最高峰の厳しい戦いと、長時間の飛行機輸送を経て帰国してから2か月弱。2着で、世界一の意地を見せた。須貝調教師も「ジェンティルドンナから離れずレースを、という指示を出していました。2400mの距離が持つことも分かりましたね」と話す。


 国内とは馬場など条件が異なる凱旋門賞を除き、ジャスタウェイが2400m以上のレースに出走したのは先日のジャパンカップと日本ダービー(11着)の2回のみ。2500mとなる有馬記念。


「距離が延びてプラスになるか? と言われれば、プラスにはならないと思います。競馬場も、中山か東京かだったら、東京のほうがいい。でも、そんなベストでない条件でも、状態面はすごくいいです。ジャパンCよりも馬体にハリが戻り、追い切りでいい感触を持てました。全てを跳ね返してくれるだけの状態の良さです」と、福永騎手は胸を張る。


 須貝調教師も「ジャパンカップの後、様子を見るため少しラクをさせましたが、馬は具合が良くなっています。それで距離延長などをカバーできれば」と話す。


 有馬記念でラストランを迎えた後、1月4日に京都競馬場で引退式を迎える。世界一の馬に、距離やコースといった条件は関係ないのかもしれない。

例年なら中山は使いたくなかったが

戸崎は「いいパフォーマンスを見せないと」と気合をこめる
戸崎は「いいパフォーマンスを見せないと」と気合をこめる【netkeiba.com】

 並み居る強豪牡馬を相手に強さを見せつけてきた牝馬三冠馬ジェンティルドンナは、1週前追い切りに戸崎圭太騎手を迎えた。


「迫力のあるフットワークで、安心ですね。初めてレースで跨った天皇賞・秋よりも前向きさが出てきました」と、戸崎騎手は順調さを語る。


 最終追い切りは「軽く気合をつける併せ馬」と石坂正調教師。「この秋は3走目ですし、このくらいで十分です。タイムもこんなものでしょう。順調です」と続ける。


 前人未到の3連覇を目指した前走ジャパンCは4着。発表こそ良馬場だったが、雨の影響が残っていた。「馬場が緩かったのが、悔いが残りますね」(石坂師)


 かつては、三冠馬オルフェーヴルと馬体がぶつかり合う接戦の末、下した舞台。この馬の力は、こんなものではない。


 石坂調教師は「あと1回、ジェンティルドンナを見てほしい、という思いがあった」という。「去年までの暮れの中山は馬場が悪く、有馬記念はトリッキーなコースなので、正直ジェンティルドンナは使いたくないなと思っていました。でも、今年は馬場も良さそうですね」(石坂師)と、スタンド改修により例年秋の開催がなかったことで、いいイメージを抱く。


 牝馬は中山で走る機会が少なく、ジェンティルドンナもラストランにして、初めての中山となる。しかし、今年のリーディングをほぼ手中に収めた戸崎騎手は「乗りやすくて賢い馬なので、不安はありません」と前を見つめる。


 2度目の騎乗にして、名牝のラストランの手綱を握る戸崎騎手は「有馬記念は、普段競馬を見ない人も見て、一番盛り上がる大一番。依頼をいただき幸せです。いいパフォーマンスを見せないと、という責任感がありますね。有名馬ですから、無事に帰ってきたいとも思います」(戸崎騎手)


「たくさん応援していただき、ファン投票も選んでいただきありがとうございます。最後のレースなので、中山(有馬記念)に行こうと決めました。精一杯走れる状態にあります。レース後には引退式もあります。ぜひ、見てやってください」と、石坂調教師は海外GIを含め6勝を飾った愛馬への思いを締めくくった。


 有馬記念当日に引退式を行い、お母さんになるため故郷に帰る。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント