プランデッリ「日本への敬意が高まった」
コンフェデ杯試合後、イタリア監督会見
4−3で勝利したものの、イタリアのプランデッリ監督は苦戦を認めた。そして日本には賛辞を贈った
4−3で勝利したものの、イタリアのプランデッリ監督は苦戦を認めた。そして日本には賛辞を贈った【Getty Images】

 サッカー日本代表は現地時間19日(日本時間20日)、ブラジルのレシフェでコンフェデレーションズカップ(コンフェデ杯)第2戦となるイタリア代表戦に臨み、3−4で敗れた。日本は、これで2連敗となり、グループリーグ敗退が決定。一方のイタリアは2連勝を飾り、決勝トーナメント進出を決めた。


 試合後の会見に臨んだイタリアのチェーザレ・プランデッリ監督は、苦戦を認め「日本に対する敬意はさらに高まった。ポテンシャルがあるので、さらに伸びるチームだと思った」と称賛を惜しまなかった。また、大会の日程に関しては、「スケジュールの面は考えてほしい。もっと多くの休養が必要だ」と苦言を呈した。

日本はさらに伸びるチームだと思う

 われわれにとって苦しい試合だった。ひとつのゲームの中に小さな試合(流れ)がいくつかあり、体力的にもこたえた。日本の方が休養が1日多くあって、それが影響を与えた面もあった。(コンフェデ杯は)非常に興味深い大会だが、スケジュールの面は考えてほしい。(ブラジルは)非常に暑いし、もっと多くの休養が必要で、体力を回復するための時間が十分ではない。それを言ってもしょうがないのだが、試合に関しては、われわれの方に運があった。日本の方がよくプレッシングをしていたが、われわれは精神力で戦い抜き、最後まで諦めなかった。何とか結果を出して3−3になったととき、まだわずかに攻撃する力が残っていて、最後に勝負を決められた。今日の経験は非常に有意義なものであり、今後にも生きてくると思う。


――試合前と試合後で日本の印象は変わったか?


 日本は非常によくまとまったチームで、優秀な選手が数多くいる。試合後に印象が変わったということはないが、日本に対する敬意はさらに高まった。ポテンシャルがあるので、さらに伸びるチームだと思った。


――(前半30分での)アクイラーニの交代について


 個々の選手を交代する必要があったというよりは、戦術的な変更が必要だった。FWがもう1人必要な状況だった。ジャッケリーニがもう少しバロテッリのサポートをする必要があった。選手を交代することによって、イタリアのプレーは良くなったと思う。


――今回の判定についてどう考えるか。もっと基準の高い審判が必要か? またブラジル戦に向けての意気込みは?


 最初の質問だが、審判については通常は答えないが、ここはイタリアではないのでコメントする。イタリアも日本も審判の決定に関しては異論があると思う。テクニカルエラーがあった。審判もミスすることはあるというのは事実だ。


 ブラジル戦に関してだが、どの選手を起用できるかということの選択になってくる。選手は疲れている状態だ。筋肉の疲れがあると思うので、明日その度合いをチェックしていきたい。


――前半はイタリアは良くなかった。イタリアはボールコントロールがなかった


 いい距離感をつかめず、かなり後方に押し込まれた。プレッシャーもかけられなかった。いくつかの個々のミスがあり、ディフェンスでもミスがあった。そのように多くのミスが生じるとなかなか修正しにくいところだ。日本とも距離があったが、前半の終盤になるとそれも解消されてきた。

ブラジル戦へ、体調を回復させることが重要

――ジャッケリーニがバロテッリをサポートするためにもうひとりFWが必要だったと言ったが、それは何を意味するのか。トップの選手のサポートとして、2人のシャドーストライカーが必要なのか? また4−3−3とどちらがいいのか?


 適正なフォーメーションを探している。選手たちは優れたパフォーマンスを示したが、疲れていた。前の試合と同じことをやろうにも再現できなかった。それぞれの役割を果たすことができなかった。


――選手が疲れていたということで、前半30分に交代の動きを見せたが、アプローチについてはショックだった。精神的なものだと思うが、試合に対してアプローチが間違っていたのではないか。選手は(日本を)過小評価はしていなかったか? 心理的な要素が大きいのではないか?


 その分析は正しいと思うし、私もその印象を持った。反省しないといけない。いつもこのように正しいペースで対戦相手にプレッシャーを与えることができるのであれば、自分たちの強みを引き出すことができる。しかし、プレッシャーをかけられなければ、体力的にも厳しい展開になる。


――次の試合でブラジルに敗れると、(決勝トーナメントで)イタリアはスペインと対戦することになるが、その点は考えているのか?


 実際にそれは考えていない。われわれがどれだけのプレーヤーを回復させることができるか、十分に体調を回復できるのかということを見なければいけない。(決勝トーナメント進出を決めているが)ブラジル戦は重要な試合で、過小評価できない。唯一の問題は体調を完全に戻すことで、同じように真剣勝負をしないといけない。


――イタリアが1−2としたときに、デ・ロッシに対し罵声を浴びせて、きつい批判をしたということだが、それについては?


 私が何を口にしたのか検討もつかない。どうしてなのかとは言ったかもしれない。


<了>

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント