現代サッカーの過渡期にあるユーロ=ハンドボール化しつつあるサッカーの未来とは

清水英斗

ドルトムント化はせずバランスを重視するドイツ

今大会のドイツはバランスを重視しており、ドルトムント化はなされていない 【Getty Images】

 他方、ドイツはどうか。昨シーズンのブンデスリーガ覇者であるドルトムントが展開したサッカーは非常に魅力的だ。相手のディフェンスラインに対して豊富なスプリントで仕掛け続け、奪われたボールはすぐに高い位置で奪い返す。技術とフィジカルが融合した、見た目にもアグレッシブなサッカーだ。W杯・南アフリカ大会のドイツにもその片りんは見えていたが、しかし、「代表はドルトムントよりも慎重なプレーが求められる」とマッツ・フンメルスが語るように、今回のドイツはよりバランスを重視しているように見受けられる。

 チャレンジをしなかったわけではない。大会直前の5月末にはバイエルンの選手を除くメンバーでスイスとの強化試合に臨み、アグレッシブにリスクを冒すサッカーを展開した。ドルトムントからもフンメルスのほか、マリオ・ゲッツェ、マルセル・シュメルツァーが先発、イルカイ・ギュンドアンも後半頭から出場している。しかし、結果はスイスの鋭いカウンターを食らい、3−5で敗戦。センターバックの1人がサイドへ引き出され、薄くなった中央を突破されるという、ドイツサッカーにおける失点の何割かを占めるであろうパターンをまざまざと見せ付けられた。

 昨シーズンのチャンピオンズリーグのF組でドルトムントが勝ち点4の最下位に沈んだこと、さらに若い選手の国際経験の少なさなどを含め、まだ、ドイツ代表がドルトムント化して世界のタイトルを獲得するには時期尚早なのかもしれない(バイエルン化という声もあるかもしれないが、バルサ同様、外国人のスペシャルな選手が戦術の中心になっていると考え、ドイツのモデルケースにはあえてドルトムントを挙げた)。

 筆者は、「今大会は現代サッカーの過渡期にあるのではないか」という印象を抱いている。現代サッカーはポゼッション戦術が浸透したことで、中盤の無駄な攻防を避け、お互いのゴールに近い位置で攻守を繰り出す、いわばハンドボール化しつつあると伝えられている。今後はアタッキングサードからいかに仕掛けるのかという部分により焦点が当たるだろう。しかし、今はそこにチャレンジする段階でリスクをうまく消化できず、やむを得ずバランスを保ってリスクの少ない攻撃を選択しているチームが多いようにも感じられる。

 準決勝と決勝を合わせて残り3試合。どのチームが優勝するのかも、もちろん注目しているが、サッカーの未来を感じさせてくれる好ゲームを楽しみに待ちたい。

<了>

2/2ページ

著者プロフィール

清水英斗

1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。プレーヤー目線で試合の深みを切り取るサッカーライター。著書は「欧州サッカー 名将の戦術事典」「サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術」「サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点」など。現在も週に1回はボールを蹴っており、海外取材では現地の人たちとサッカーを通じて触れ合うのが楽しみとなっている。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント