「小野と高原」黄金コンビが輝く日まで

清水のファンが実現を望んでいた「小野・高原コンビ」

小野と高原がそろった今季の清水。大幅に変更したチームはどうなるか
小野と高原がそろった今季の清水。大幅に変更したチームはどうなるか【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 黄金コンビの結成――。小野伸二と高原直泰、地元・清水のサッカーファンが長年夢見ていた2人がついに同じチームでプレーすることになった。


 清水エスパルスは、2010年シーズンをもって、6年間チームを指揮してきた長谷川健太氏が退任し、多くの選手がチームを去った。それに伴い、今シーズンはイラン代表前監督で国際経験豊富なアフシン・ゴトビ氏を招へいし、新しいスタートを切ることになった。

 しかし、戦力的な評価としては、今シーズンは大幅なダウンになることは否めない。2010年のリーグ最終戦の時点で32人いた登録選手が、今季は29人に減少。しかも、同年のリーグ戦に30試合以上出場していた主力選手6人(ヨンセン、岡崎慎司、藤本淳吾、兵働昭弘、本田拓也、西部洋平)に加え、クラブ生え抜きの市川大祐、伊東輝悦までもが退団した。さらに、他クラブへの期限付き移籍選手なども含めると、総勢13選手がチームを去った。これにより在籍選手の平均年俸は大幅に下がったが、平均年齢や経験値も極端に下がった。そうなった以上、今季、苦戦を強いられるのは避けられないだろう。


 その中で、強化部はできる限りの補強を行った。中でも地元出身選手を積極的に獲得。藤枝東出身の村松太輔、清水商業出身の小林大吾。そして、清水東出身の高原である。特に、この高原の獲得に関しては旧友、小野との共存に大きな期待を寄せている。

 小野と高原は小学生のころからお互いの存在を認める仲。そして、「小野・高原コンビ」といえば、1994年のU−16アジア選手権・カタール大会の優勝メンバーであり、99年のワールドユース(現U−20ワールドカップ)・ナイジェリア大会準優勝時の主力選手である。日本のサッカー史上で最も輝いた時代、成績を収めた主力選手たちだ。その黄金コンビが今季、清水で再会し、同じオレンジ色のユニホームに袖を通す。


 新体制会見時に竹内康人新社長が高原を紹介した際にも、「小野君、高原君、2人のホットラインが、エスパルスの勝利に結びつくと確信しています」と語ったように、かつて日本サッカー史に偉大な記録を打ち立てた黄金コンビに、多くのファンが期待を寄せている。そして、それはチームの指揮を執るゴトビ監督も同じ。今シーズンのキャプテンに小野、副キャプテンに高原(とボスナー)を指名した。このことからも、2人に対する期待値がいかに大きいかが伝わってくる。

好調の小野に対して高原はいまだノーゴール

 新体制となって始動した清水は、2月の鹿児島キャンプで3回の練習試合を行った。静岡に戻ってきてからは横浜F・マリノスとのプレシーズンマッチを1試合と、最終仕上げとしてアルビレックス新潟と練習試合を1回、計5回の対外試合を行っている。特に、2月20日に愛鷹公園競技場で行われたプレシーズンマッチでは、沼津市出身の小野、三島市出身の高原が地元に凱旋(がいせん)するとあって7000人を越える観客がスタンドを埋めた。試合は太田宏介と大前元紀がゴールを決め、2−1で清水が勝利。残念ながら小野と高原にゴールは生まれなかったが、前線やトップ下に入り体を張ってボールを引き出した高原と、中盤で巧みなパスを駆使して攻撃陣を動かした小野の活躍は多くのサポーターを満足させたことだろう。


 これまでに行われた対外試合で小野は、多彩なゲームメークだけでなく、すでに2ゴールを挙げるなど好調さを示している。反面、1トップに入る相棒の高原は、老練な動きから前線でボールを引き出し起点となるなど献身的な動きは見せているが、まだゴールという結果が生まれていない。チームに加入して1カ月ということや、ゴトビ監督の掲げるサッカーが新チームに浸透するのに時間がかかっていることもあり、高原がペナルティーエリアの中でボールを受けてシュートを放つというシーンは、まだまだ少ない。

「だいぶボールは受けられるようになってきているので、あとはシュートまでしっかり持っていく形を自分としては作りたい。でも、受けてさばいてというところの仕事も多い」(高原)


 本人もゴールがないことは十分に認識しているし、ゴトビ監督はサイドからの攻撃を徹底させていることもあり、中央にポジションを取る高原は味方のためにスペースを作る動きや、相手DFを引きつけるおとりのような動きが求められているのも事実。そのため、小野から直接スルーパスを受けてシュートというようなシーンはまだ見られない。

飯竹友彦

1973年生まれ。平塚市出身。出版社勤務を経てフリーの編集者・ライターに。同時に牛木素吉郎氏の下でサッカーライターとしての勉強を始め、地元平塚でオラが街のクラブチームの取材を始める。以後、神奈川県サッカー協会の広報誌制作にかかわったのをきっかけに取材の幅を広げ、カテゴリーを超えた取材を行っている。「EL GOLAZO」で、湘南ベルマーレと清水エスパルスの担当ライターとして活動した。現在はフリーランスの仕事のほか、2014年10月より、FMしみずマリンパルで毎週日曜日の18時から「Go Go S-PULSE」という清水エスパルスの応援番組のパーソナリティーを務めている。2時間まるごとエスパルスの話題でお伝えしている番組はツイキャス(http://twitcasting.tv/gogospulse763)もやっています。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント