富山の“RISING STAR”上田隼輔とは何者か?【B MY HERO!】

B MY HERO! 特派員
チーム・協会

【(C) ひゃく】

 こんにちは、B MY HERO!特派員のひゃくです。

 ここのコラムは「好きなことを好きなだけ、思う存分に書いていいよ」と聞いています。

 なので、私が好きな“富山グラウジーズの上田隼輔選手”のことを好きなだけ書きますね。

 上田隼輔選手(以下、うえしゅん)は、沖縄で先日開催された「B.LEAGUE ASIA RISING STAR GAME」に初選出。さらにその試合の「バスケットLIVE ON FIRE賞」を獲得したことにより、名前と顔を知った方もいらっしゃることでしょう。今後の活躍が期待される選手ですので、うえしゅんのことを知っていただきたいです。

 基本的な情報(身長/体重/ポジション/主な経歴など)は各自で調べていただくことにして、私が好きなうえしゅんのことを詰め込んでいきます。

その目に宿る闘志と喰らいつく姿

 2021-22シーズンに特別指定選手として富山グラウジーズに加入し、現在まで所属しています。

 私が最初に気になったところは、ディフェンスの姿でした。

 私はバスケの技術について、全く分かりません。何が良いディフェンスを指しているのかも分かりません。うえしゅんのディフェンスの時の表情、その目に宿る闘志が好きです。

 特別指定選手としての期間中、わずかなプレイタイムながらも私の印象に残りました。その姿にだんだんと興味を持ち、富山グラウジーズの試合はうえしゅんを中心に見る(撮る)ようになります。

【(C) ひゃく】

 現在はスターターに定着し、対戦チームのエース的存在とのマッチアップが“うえしゅんの重要な仕事”になっていると感じています。

 その仕事ぶりが印象に残った今季の試合は、横浜BCとの3戦目でした。

 前2試合は「めっちゃくちゃ悔しかった」と、うえしゅんが語ってしまう恐るべきモンスタースタッツ(1戦目キャリアハイ42得点、2戦目Bリーグ記録更新の20アシスト)を河村勇輝選手にをたたき出されます。

 これを受けた3戦目。チームキャプテンの伊藤駿選手に「パスを出させないくらい、へばりついていいですか?」と試合前に相談した後日談がラジオ番組で披露されたとおり、これまで以上のむき出しの闘志で河村勇輝選手に立ち向かい、チームの勝利に貢献してくれました。この奮闘は素晴らしかったですし、間近で見られて私は『ココロ、たぎる』でしたね。

 ラジオ番組で披露された後日談は、こちらで視聴できますよ。

【(C) ひゃく】

 うえしゅんのディフェンスは“ピラニアディフェンス”と言われるんです。“喰らいついて離さない姿を形容した”が通説ですが、ディフェンスに集中してくると“口先が尖ってくる様が魚っぽい”も有力です。

あふれるエナジーを纏いリングアタックする姿

 オフェンスで好きなところは、積極的なリングアタックですね。溢れるエナジーを推進力にアタックする姿にワクワクさせてくれます。

【(C) ひゃく】

 その溢れるエナジーは大量故に、推進力への変換だけには収まり切らず意図しない形で本人の顔を覆いつくし、表情筋が限界突破して“歌舞伎の見得のような表情”になってしまいます。この表情がチームの諸先輩方と広報さんに見つかってしまい“歌舞伎レイアップ”と呼ばれるようになります。
 この呼び名がチーム公式に使われ始めたのが、2022年12月28日のアウェイ新潟戦。私が珍しくアウェイ遠征した日だったので、そのプレーと嬉しそうな諸先輩方までも撮り収めることができて最高でした!

【(C) ひゃく】

 “歌舞伎レイアップ”は常に磨かれ続けています。

 試合前ウオーミングアップにて、“ミスターグラウジーズ”水戸健史選手にボールの抱え方や腕の使い方、庄司和広HCにステップや身体の使い方を学ぶワークアウトのような場面があり、真摯(しんし)に取り組む姿を見守ることも私の楽しみです。

 この努力の積み重ねにより、溢れるエナジーを自身でコントロールできた“完全版・歌舞伎レイアップ”のお披露目を待ち望んでますよ。

記憶に残るエナジーボーイ

 オフコートでも、なにかとエナジーが溢れているのがうえしゅんです。過去2シーズンどんなことがあったか思い出してみたんです。

 ベンチでは誰よりも声を出しますし、頻繁に立ち上がってチームを鼓舞します。

 試合後コート一周では、うえしゅんグッズを掲げてくれるお客様へしっかりと目線を向け、応援のお礼を伝えてくれます。

 ホームゲームのサインボールの投げ入れで、お客様が取りきれずボールが客席裏側に入ってしまった際には、自ら回収に向かい改めてお渡しする。

 靴ひもを結ぼうとバスケットゴールの土台に足を乗せた際、足元から漏れたエナジー?が昇降スイッチを誤作動させ、ゴールをたたんでしまう。

 試合中でも足元から漏れたエナジー?が自身のシューズを壊してしまう。替えのシューズを持って来ていないためKJ先輩(松井啓十郎選手)に借りて事なきを得る。以降、必ず替えのシューズを持参するようになる。

 ホームゲームでのロスター紹介時、必ず中継カメラに決めポーズ(歌舞伎っぽいor筋肉アピールが中心だったが最近は多様化)をしてくる。もはや私のライフワークともいえる撮影場面。

【(C) ひゃく】

 オンコート/オフコートを問わずエナジー溢れる姿が、チームスローガン「喰らいつけ」を体現していると私は勝手に解釈しています。毎試合必ず誰かの記憶に爪痕を残すような奮闘ぶりが、頼もしく愛おしいのかもしれません。

 そのエナジーとともに“Bリーグの期待の星”から“日本バスケットボール界の一番星”へ昇り詰める(かもしれない?)過程をこれからも私は見守ります。

【(C) ひゃく】

ひゃく(B MY HERO!特派員)

『G.O.W ROUGE SUZUNAさん 過去6年間髪型髪色変遷史コラム』を写真を選んで書き始めるも文章が全く思い浮かばず、別のコラムを書いた人。

 下の写真は2024年1月7日のSUZUNAさん。このあと1カ月も経たないうちにインナーカラーを残しつつ黒髪になりました。ネイルも含め毎回その姿にワクワクさせてくれる私の推しBチアのひとり。

【(C) ひゃく】

Bリーグ公認応援番組「B MY HERO!」
毎週火曜日18時〜スポーツナビとバスケットボールキングYouTubeで配信中!
詳細は関連リンクをチェック!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

B MY HERO!は「あなたのヒーローを見つける1時間」をコンセプトにしたBリーグ公認の応援番組(毎週火曜18時~)です。番組特派員が推しクラブの模様やゲームの演出など、Bリーグの楽しみ方をレポートしていきます。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント