【BOATRACE】12Rは宮崎安奈や坂野さくら ヤング世代4人が準優勝負駆け 三国

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

 ボートレース三国のオールレディース(12月7日~12日開催)は9日、モーニングレースの3日目が終了した。田口節子(岡山)が1・2・1・1・1・1着で予選首位に浮上。予選2位に関野文(大阪)、予選3位に遠藤エミ(滋賀)がつけている。

 さて予選最終日を迎える4日目だが、準優勝負駆けの注目カードには12Rを挙げたい。

<三国 4日目 12R カニ坊選抜>
1号艇 中谷 朋子(兵庫) 予選15位
2号艇 坂野さくら(福井) 予選18位
3号艇 香川 素子(滋賀) 予選 8位
4号艇 島倉  都(群馬) 予選23位
5号艇 宮崎 安奈(埼玉) 予選16位
6号艇 戸敷 晃美(福岡) 予選25位
※()内は支部

 12Rはヤング世代の若手が4人も入る組み合わせに。26歳の坂野さくら(福井・127期)【写真下】、同じく26歳の島倉都(群馬・120期)、25歳の宮崎安奈(埼玉・128期)【冒頭の写真】、27歳の戸敷晃美(福岡・118期)だ。

【(C)BOATRACE】

 地元の坂野は6・1・2・3・4着で予選18位。昨年12月の浜名湖ヴィーナスシリーズ以来となる自身2回目の準優出へチャンスを迎えている。4日目は5R6号艇と12R2号艇で登場だ。坂野は11月の三国ヴィーナスシリーズでは3日目終了時点で予選24位につけていたが、4日目に4・6着と崩れて勝負駆け失敗の悔しい思いを味わった。今度こそ地元初準優出なるか。

 島倉は1・6・5・3着で予選23位。4日目は4R6号艇と12R4号艇で逆転の予選突破を狙う。島倉が今節手にしたモーターは11月のG2レディースチャレンジカップで長嶋万記が乗って優勝した35号機。注目モーターを徐々に仕上げてきただけに楽しみだ。

 宮崎は1・3・3・6着で予選16位。2021年5月のデビューから約2年7カ月、初準優出へチャンス到来だ。4日目は2R4号艇と12R5号艇で登場する。宮崎は10月の多摩川一般戦で6コースから1着を奪って3連単48万2710円の超大穴を出し、前節の芦屋一般戦でも進入固定の5コースまくりで3連単7万1820円の高配当を提供するなど近況好レースが光っているだけに目が離せない。

 戸敷は2・6・2・6・4着で予選25位。準優進出へわずかに望みをつないでおり、4日目は8R2号艇と12R6号艇で勝負駆けに挑む。今節手にしたモーター62号機は11月のSGチャレンジカップで池田浩二が優出5着に入った実績。舟足は軽快なだけにチャンス十分だろう。

上記のレース配信はBOATRACE公式映像配信サービス「BOATCAST」で配信中。
全レースの映像をいつでもどこでも視聴することができる。
その他レーサー関連のコンテンツや、毎日のNEWS配信など豊富なラインナップを楽しむことも可能だ。
BOATCASTは【↓に記載の関連リンク】からアクセスできる。BOATCASTでレースをさらに楽しもう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント