【BOATRACE】オール3連対キープの茅原悠紀が得点率トップ君臨! 芦屋G1全日本王座決定戦

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

 ボートレース芦屋(福岡県芦屋町)の「G1読売新聞社杯 全日本王座決定戦 開設71周年記念」は8日、3日目が開催され、9日はいよいよ予選最終日を迎える。

 スタンド側からの緩やかな横風で好水面に恵まれた3日目は、インが8勝と強さを発揮。3連単の3けた配当が4本もあった一方で、万舟券は2本。波乱の少ない1日だった。

 3日目終了時点、得点率8.80でトップに立ったのは茅原悠紀(岡山支部36歳)【冒頭の写真】。初日のドリーム戦を6号艇で制した以降も2、2、1、3着とオール3連対をキープ。帰郷者続出のため4日目も2回乗りで予選7回乗りになったが、その4日目の2走は7Rの2号艇、12Rの1号艇と好枠。「バランス型で足は全体的にいい」と成績どおりの好感触を得ており、このまま予選トップを守る公算は高い。茅原はグランプリ出場こそ決めているが、今年はG2戦以上の優勝がなく(昨年度分の地区選除く)、まだ来年3月戸田クラシックの出場権を持っていないので、ここで決めたい気持ちもあるだろう。

【(C)BOATRACE 】

 得点率2位には地元エースの瓜生正義(福岡支部47歳)【写真上】がつけた。初日ドリーム戦の1号艇で2着と敗れたのは痛かったが、2日目からは2、2、3着と安定した走りで未勝利ながらも得点率は8.00と高い。「足はトップレベルの次くらいですかね」と、そこそこ仕上がっている雰囲気。瓜生の場合、今年どころか2年前の住之江グランプリV以降、一般戦を含めても優勝から遠ざかっており、地元水面で久々の美酒を味わいたいところ。茅原悠紀を逆転するのは難しそうだが、最低でも準優勝戦の1号艇は死守したいところだ。4日目の出番は4Rの5号艇と11Rの3号艇だ。

 得点率3位の桐生順平は7.20の得点率で、7.00の4位タイには前沢丈史、寺田祥、太田和美、山口剛の4人が並ぶ。茅原悠紀の予選トップ通過が濃厚な状況だが、2位以下の準優勝戦1号艇争いは予想がつかない大混戦になっている。

【(C)BOATRACE】

 得点率6.60で塩田北斗とともに9位タイの西山貴浩(福岡支部36歳)【写真上】は3Rの6号艇で4着以上条件の勝負駆けに挑む。今節は珍しく「引きたかったモーターのうちの1つを引けた」と抽選運には恵まれており、むしろ9位タイという順位では物足りないほどだが「調整力はないけど出足はいい」と好感触を得ている。

 3日目時点の準優勝戦ボーダーは6.25と高めになっており、下位からは山口達也、魚谷智之、中島孝平、新田雄史らが勝負駆けに挑む。

 なお、3日目11Rの2周2マークでは2番手を走っていた前田将太に、3番手争いをしていた篠崎元志が接触して前田が落水。篠崎元は妨害失格で賞典除外になった。前田は帰郷。仲谷颯仁も帰郷しており、正規での出場選手は43人に減っている。4日目から末永祐輝、下寺秀和、林恵祐、三原司の4人が追加参戦。西山貴浩の相棒(同じポンコツ会)とも言うべき林恵祐は、2007年10月の宮島周年以来(この時も追加)、16年ぶりのG1戦出場となる。

上記のレース配信はBOATRACE公式映像配信サービス「BOATCAST」で配信中。
全レースの映像をいつでもどこでも視聴することができる。
その他レーサー関連のコンテンツや、毎日のNEWS配信など豊富なラインナップを楽しむことも可能だ。
BOATCASTは【↓に記載の関連リンク】からアクセスできる。BOATCASTでレースをさらに楽しもう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント