【バレー/Vリーグ・主将&監督インタビュー】埼玉上尾メディックス、山岸あかね選手

チーム・協会
 10月に開幕し、熱戦を繰り広げているバレーボールのVリーグ。各チームキャプテンと監督の今シーズンの意気込みをチームごとに紹介していきます。今回はV1女子 埼玉上尾メディックス編です。

山岸あかね選手

山岸あかね選手 【©JVL】

ポジティブに全力で一歩先へ
 昨季は前半と後半でメンバーが異なる形でした。前半に勢いを作ってくれて、年明けから結果を積み重ねられた印象です。全員が少しでも成長することができ、メンバー全員で戦えたことが、V・レギュラーラウンド2位という結果につながったと思います。
 V・ファイナルステージは4位と悔しい気持ちもありますが、順位以上のものを得られたシーズンでした。それは大久保茂和監督の考えもあり、お互いにいいところを見つけ合うことで、ポジティブに明るい雰囲気がみんなに伝染して、前向きになっていったことが一つでしょう。とはいえ、ファイナルまで進みながら日本一には届かなかった。その距離を肌で感じたことで、一人一人がいろいろな面で自分を超えていく必要があると感じました。勝つことは大事ですが、チーム全員が成長することが、埼玉上尾にとって優勝への近道だと思っています。目の前の一戦に全力を出しきって、チームを一つにできるようキャプテンとしても頑張ります。

大久保茂和監督

大久保茂和監督 【©JVL】

成長のために失敗を突破のカギに
 昨季は、スローガンの“和”、団結を大事に、できないことよりもいいところにスポットを当てることで、心身の健康を大切に過ごしたシーズンでした。その結果、V・レギュラーラウンド2位という最高順位を残すことができたと思います。優勝を掲げていた以上、最終順位が4位と、目標を達成できなかった悔しさはありますが、シーズンを通してスタッフも選手も同じ方向を向いて、集中して努力し続けてくれたことは順位以上にうれしかったです。
 今季のスローガンである“突破 Breakthrough to the success”は、AMGグループの目標でもあります。優勝を目指すなかで、支えてくださるグループの一員として同じ目標を掲げました。チームにはあらゆる伸びしろがありますが、長いリーグ期間中でも選手たちが生き生きと、人生が豊かになる取り組みをしていきたいと考えています。その上で、成長のために失敗をどうとらえるか、失敗を恐れずにトライできるかが突破のカギになると思います。

★各チームの情報をもっと詳しく知りたい方は…
 V1男子、V1女子、V2男子、V2女子、V3男子、新たに加わったV3女子全57チームの紹介をはじめとした、今シーズンのV.LEAGUEに関するあらゆる情報はV.LEAGUE公式プログラムでご覧いただけます。

V.LEAGUE公式プログラム
仕様:男女合本 全210ページ カラー/白黒
一般販売価格: 1,800円(税込)

※リンク先は外部サイトの場合があります

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント