岡大海、レアードが本塁打も打線がつながらず。千葉ロッテが広島に敗戦【5/25 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月25日、マツダスタジアムで行われた広島と千葉ロッテの「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、2対5で千葉ロッテが敗れた。

 千葉ロッテは2回表、岡大海選手の4号ソロで先制に成功する。しかし直後の2回裏、先発の小島和哉投手が失策と内野安打などで無死満塁とされると、押し出し四球を献上。なおも窮地は続いたが、遠藤淳志投手の打球を体に当てながらも併殺打とするなど、勝ち越し点は与えなかった。

 再び試合が動いたのは5回裏。2死1、2塁からマクブルーム選手にレフト線へ運ばれ勝ち越しを許した。小島投手はこの回で降板。5回80球7安打3奪三振1四球3失点と試合はつくったが、最後は踏ん張りきれなかった。

 6回裏にマウンドへ上がった佐々木千隼投手も2本の適時打で2失点を喫し、4点を追いかける苦しい展開に。7回表にレアード選手の本塁打で1点を返したが、1死1塁から安田尚憲選手が併殺打に打ち取られ、追加点を奪うことができない。

 3点ビハインドで迎えた9回表は相手守護神・栗林良吏投手の前に3者凡退に終わり、2対5のまま試合終了。千葉ロッテは、5回3失点の小島投手が今季5敗目。打線もチーム全体で4安打、得点は本塁打2本による2点のみと活気がなかった。

  123456789 計
ロ 010000100 2
広 01002200X 5

ロ ●小島和哉-佐々木千隼-西野勇士-廣畑敦也
広 ○遠藤淳志-塹江敦哉-森浦大輔-S栗林良吏

文・吉村穂乃香
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント