リーグワン初代最多トライゲッター 山下楽平、日本代表入りに向けてアピールする!

チーム・協会

【コベルコ神戸スティーラーズ】

第16節vsシャイニングアークス浦安東京ベイ(SA浦安)戦までの山下のトライ数は「7」。
前日に行われた最終戦でランキング1位の埼玉ワイルドナイツのディラン・ライリーが1トライをマークし、11トライがリーグ最多。
SA浦安戦の試合前、山下は、ロッカールームで8トライを挙げているモエアキオラに「アタ(モエアキオラ選手)は3トライ、僕は4トライしたら、トライ王やな」と冗談ぽく話していたという。それがまさか現実になるとは。開始11分、ラインアウトからの攻撃でスミスが蹴った裏へのキックをインゴールで押さえて、まずは1トライ。
「前早い段階で1つ目のトライを決めることができたので、グラウンドでアタに、『(モエアキオラのトライ数に)並んだわ』と声をかけたんですよ」
そこから、25分、34分と前半だけで3トライ。後半にも、1トライを挙げ、小学生の時以来だという1試合4トライをマークし、一気にライリーの11トライに並び、自身2度目のトライ王に輝いた。
「トライというのは目に見えるものですし、数字として結果を残すことができて、素直に嬉しいですね」と笑顔を見せる。
個人的には、今シーズン、第4節と第15節のホストゲームで、親子を紹介する「楽平シート」を実施。
「ラグビーや普及活動を通じて、子供たちが夢に向かっていく姿に無限の可能性を感じて、彼らを応援したいという気持ちになりました。それで、この企画を思いついたんですが、スタジアムに来てくれた子供たちの笑顔を見て、エネルギーを感じましたし、僕にも良い影響がありましたね」と刺激を受けたと話す。
チームは、リーグワン初代チャンピオンを目指していたが、7勝9敗7位という成績に終わった。
「なかなかやろうとしているラグビーがグラウンドで表現できなかったシーズンですね」と振り返る。自身もチームが機能するように考え過ぎてしまい「枠からはみ出ないようにプレーしていて、持ち味を出し切れていない」と苦悩した時期もあったという。
しかし、終盤戦の戦いでは、徐々に神戸らしい攻撃が見られるようになり、「ポジティブな面も見えたので、来シーズンは巻き返しを図ります」ときっぱり。
最多トライゲッターの受賞に続いて、5月9日にはビッグニュースが飛び込んできた。今年1月に30歳を迎え節目の年に初めて日本代表候補に選出された。
「今シーズンのプレーを評価してもらったことはありがたいですね」と表情を緩めるも、周囲の盛り上がりをよそに、「まだ何も掴んでいないので」と冷静だ。
来年は、「ラグビーワールドカップ2023フランス大会」が開催される。
「2019年の日本代表の活躍を見て、刺激を受けました。あの舞台に立ちたいという思いはありますので、合宿からどんどんアピールしていきたい!」
ワールドカップは「縁がないのかな」と思っていたという山下が、夢舞台に向けて一歩を踏み出した。

文・山本暁子(チームライター)


「いろんな選手の良いところをミックスして自分のプレースタイルを確立してきました」と話す山下。持ち味のステップワークを駆使してゲインを切り、ゴールラインまでボールを持ち込む。日本代表の試合でもそんな姿が見られるはずだ。 【コベルコ神戸スティーラーズ】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

コベルコ神戸スティーラーズ

1928年創部。1988年にチームの愛称である「Steelers」の文字をジャージに採用し、人とボールがよく動く「クリエイティブラグビー」を信条に、1989年の日本選手権で初優勝を収める。以降、1995年まで連続で日本一を勝ち取り、歴代最多タイ記録となる7連覇を達成。2003年度より開幕したジャパンラグビートップリーグでは初代王者に輝き、2018年にはシーズン無敗で日本一に輝いた。 2022年から開幕する「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」では、チーム名を「コベルコ神戸スティーラーズ」とし参戦する。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント