【浦和レッズホーム最終戦特集第1弾】さまざまなおもいを背負い、継承する努力の天才、宇賀神友弥が迎える最後のホームゲーム

浦和レッドダイヤモンズ
チーム・協会

【©URAWA REDS】

「ウガ君のブログなんて読んだことなかったんですよ」

関根貴大はそう言いながら、少しだけ口角の片側を上げる。先輩を含め、愛情を持って誰かをからかう際のいつもの表情だ。

横浜F・マリノスに2-1で勝利した日の夜、SNSを見ていると、画面には宇賀神友弥の名前とともにブログのタイトルが記載されていた。見たことがないのに、そのときに限って気になった。

「『今日感じたこと』って何を感じたんだろう?」

宇賀神友弥 【©URAWA REDS】

スマートフォンの画面をタップし、軽い気持ちで文章を読み進めていく。すると、自分の名前があった。

「え? 俺?」

関根は驚きながら、宇賀神が書き記した文章を読んだ。

「阿部ちゃんの引退、槙野、そして自分の退団ということで来年どうなるんだろう。誰が苦しい時にチームを盛り上げ引っ張っていくのだろうと心配していましたが今日の関根のプレーを見て『おれに任せてください』と言ってるように感じた。関根のプレーから覚悟を感じました」

関根貴大 【©URAWA REDS】

今季限りでの契約満了が発表される数日前、宇賀神は関根やAFCチャンピオンズリーグを制した2017年を知るメンバーとの食事会で、時間も忘れるほどさまざまなことを語り合った。

そこで宇賀神は、ジュニアユース、ユースの後輩に何度も伝えた。

【©URAWA REDS】

「レッズの一時代を築いたメンバーとプレーした20代はお前しかいない。お前がやらなきゃいけないんだよ」

関根の返答はあまり芳しくなかった。

「一人じゃ厳しいですよ」

【©URAWA REDS】

横浜FM戦、それでも関根は「本当に勝ちたかった」。シーズン前半戦にトラウマになるほど完敗した相手に対し、8ヵ月の成長を見せたかった。同じような恥ずかしい姿だけはもう見せたくない、と思っていた。

横浜FM戦の関根の走行距離は両チームで唯一の12キロメートル台。ダントツだった。

今季の関根はフル出場が少ないということもあるが、第35節の鹿島アントラーズ戦まで、1試合で12キロメートルを走ることもなければ、チーム最長の距離を走ることもなかった。

【©URAWA REDS】

十分に闘った。結果も手にした。でも、関根は満足しなかった。

「俺はゴールを決めたかったんだよ」

普段の口調とは少し違う、ぶっきらぼうな言葉でそう話した。

普段から闘うことは最低限だと考え、その上でゴールやアシストを自らに課している。だが、それだけが理由ではなかった。

【©URAWA REDS】

「ゴールを決めて、あの人たちに届けたかったんですよ」

そう話す関根の口はすでに真一文字になっており、表情は陰っていた。

それでも、横浜FM戦で後半アディショナルタイムまで相手のディフェンスラインにプレッシャーをかけるなど、最後まで走り、闘い、貫いた関根から、宇賀神は確かに感じた。

それは、後輩の頼もしい姿と、レッズで闘ってきた自分の価値。

「平さん(平川忠亮コーチ)や、今までレッズの歴史をつくってくれた(鈴木)啓太さん、坪さん(坪井慶介)、(田中)達也さんといった選手から僕がプレーや背中で感じてきたものを関根が感じ取ってくれて、横浜FM戦のピッチで表現してくれたと思っています。そういうものを一人でも感じてくれる選手がいたということが、自分の残したものなのかなと思います。次につなげることができたことが、自分が残したものかなと思います」

【©URAWA REDS】

「努力に勝る天才なし」。宇賀神がその言葉を大切にしている。

宇賀神は育成組織でプレーしているときから『天才』と言われるタイプではなかった。例えばテクニックやスピード、フィジカルなど、一芸に秀でたタイプでもなかった。

右利きだが、西澤代志也が右ウイングバックでプレーすることになり、左ウイングバックに回された。しかし、左ウイングバックでもポジション争いに負けた。

第16回高円宮杯全日本ユース(U-18)選手権では直接FKやミドルシュートで3試合連続ゴールを決めたが、9月下旬の活躍はトップチームに昇格するには遅すぎた。

第16回高円宮杯全日本ユース(U-18)選手権 【©URAWA REDS】

流通経済大学に進学しても、思うようにはいかないこともあった。トレーニングマッチで大原サッカー場に戻ってきても、プレーは叶わず副審を務めるだけで帰ったこともあった。サッカー部を辞めたいと思うことすらあった。

それでも、部員は1学年60人ずつの計240人、1年生チームを含めて7チームある流通経済大学で一歩ずつ階段を上り、トップチームに昇格。4年次にはちょうど左サイドバックを探していたレッズでJFA・Jリーグ特別指定選手になると、大学では関東1部リーグを制覇した。

デビュー戦で内田篤人選手とマッチアップ 【©URAWA REDS】

そしてレッズへ加入。育成組織から大学を経てトップチームに加入したレッズで最初の選手になった。

その11年後、全く同じ経路でレッズに加入した伊藤敦樹は、くしくも宇賀神の契約満了が発表されて初めての公式戦でJ1リーグ初ゴール、そして埼玉スタジアムでの公式戦で初ゴールを決めた。

J1リーグ初ゴール後の伊藤敦樹 【©URAWA REDS】

伊藤もユースからトップチームに昇格できなかった。進学も第一志望どころか第二志望でもなかった。それでも、大学に進学した時点ですでにトップチームで活躍している偉大な先輩がいた。

伊藤はその先輩に憧れ、大学で成長し、育成出身の同級生では現在唯一レッズでプレーする選手になった。そればかりか、ルーキーながらここまで52試合の公式戦のうち50試合に出場している。

宇賀神のゴール後に喜ぶ関根と伊藤敦樹 【©URAWA REDS】

「自分が大学生とかユースのときは目標としていた選手の一人でしたし、そういう道もあるんだよと示してくれていたのがウガさんでした。その同じ道をたどることができて、ここに戻ってこられたのは、ウガさんがこういう道を切り開いてくれたことが大きかったと思います」

その道を切り開いたこともまた、宇賀神の大きな功績の一つだ。

努力の天才は、逆境を乗り越える天才になった。

監督が代わる度に、ポジションを失った。毎シーズンのように同じポジションに新たな選手がやってきた。

【©URAWA REDS】

「なんで毎年、俺ばっかり」

そう怒りをあらわにすることもあった。

しかし、強化スタッフから「それが浦和レッズだ」と言われれば納得し、受け入れた。そしてピッチで自身の存在価値を示し、ポジションを奪い返し続けてきた。

試合中に足がつっても走り続け、「つってからが本当の宇賀神友弥」と笑顔で話すさまは、逆境を乗り越えることを楽しんでいるように感じる一例だ。

【©URAWA REDS】

ジュニアユースに加入した2000年には、トレーニングマッチの際にJ1クラブのジュニアユースの選手から「J2の浦和レッズさん」と言われて唇を噛んだ。

ユース時代にはVfBシュトゥットガルトとのトレーニングマッチで大敗すると、シュツットガルトとレッズの元選手で、当時レッズの監督だったギド ブッフバルトから「お前ら、浦和レッズのユースチームだろ!こんな恥ずかしいおもいをさせやがって!」と怒鳴り散らされた。

育成時代にはそんな経験をしながら、「レッズはこうあるべきだ」と学んできた。

そして、トップチームに加入してからは、「レッズはこうあるべきではないか」と考え続けてきた。

【©URAWA REDS】

ファン・サポーターが他の追随を許さないほどの熱を持っているからこそ、その熱に負けじと奮闘した。そのおもいを背負っていることを自覚しているからこそ、責任を持った。

責任を持つからこそ、時にサポーターと衝突することもあったが、その言動が人の心を動かした。

ファン・サポーターから「気持ちが伝わった」と言われ、メディアの前ではピッチ上の出来事を冷静に伝え、そしてインパクトのある言葉を残してきた。それは都度、意識していたことではなく、「レッズはこうあるべき」と常に考え続けてきたからこそ、にじみ出てくるものだった。

【©URAWA REDS】

レッズが創設した会員制のスポーツランドであるレッズランドが台風の影響で甚大な被害を受けた際には、クラウドファンディングを通して義捐金を募った。今年8月には女性アスリートを支援するプロジェクトを開始した。2018年には地元である戸田市でフットサルコートをオープンし、サッカースクールを開校した。

2016年10月9日に埼玉スタジアムで行われたJリーグYBCルヴァンカップ 準決勝 第2戦 FC東京戦。戸田市の市制施行50周年記念式典に参加し、J1リーグでプレーした戸田市出身選手は自分一人しかいないことを知った約1週間後、育成時代を含めて初めてキャプテンマークを巻いた。

2016年ルヴァンカップ準決勝第2戦のFC東京戦で初めてのキャプテンマークを巻いた 【©URAWA REDS】

すると、それまではサッカー選手として生き残ることしか考えていなかった脳裏に、ふつふつとあるおもいが沸き起こった。

「戸田市出身、育成組織出身としてキャプテンマークを巻いて試合に出るということはいろんなものを背負って試合に出ているんだな。お前、一人じゃねえぞ。一人じゃなくて戸田市、浦和レッズというクラブの代表なんだよ」

そして今は、「プロアスリートというものは、地域貢献・社会貢献をするべき立場の人間」と考えている。プロサッカー選手として当たり前のこと。それが当たり前にできる文化にしたいと思っている。

それも誰かに教えてもらったわけではなかった。育成組織から大学を経由してレッズとプロ契約したときと同じように、その道を切り開いた。

プロジェクトには現在、池田咲紀子、塩越柚歩、遠藤 優と3人の三菱重工浦和レッズレディースの選手が所属している。

「僕の魂はその3選手に託したいと思っています」

宇賀神はそう言って、笑った。

横浜FM戦後、西川周作に促されて中継カメラに向かって「勝てました」と叫んだ後、スタジアムを一周すると涙が出そうになったが、「まだ泣いちゃだめだ」と思った。「来週泣くんだからとっておこう」と。

【©URAWA REDS】

契約満了が発表された3日後の記者会見では、「現在はすっきりしていますし、また次に向かって、どんな人生を歩んでいくのだろうとワクワクしている自分もいます」とさえ話した。

だが…

【©URAWA REDS】

「これまでを振り返っているうちにこれほどまでに浦和のことを愛しているとは自分でもびっくりした。やはり人間は失って初めてその大切さに気づくものなのか。急に寂しくなってきました」

会見から数時間後、宇賀神は自身のブログにそう記した。

18年天皇杯決勝のスーパーゴール後にスタンドに駆け寄る宇賀神 【©URAWA REDS】

27日に埼玉スタジアムで行われる、明治安田生命J1リーグ 第37節 清水エスパルス戦【MATCH PARTNER J:COM】。レッズの選手として最後になるホームゲームのピッチにどんなおもいで立つのか。

さまざまなおもいを背負って闘い続けてきた男は最後もきっと、言葉はもちろん、その背中でも、観る者に確かな何かを伝えてくれるはずだ。

【©URAWA REDS】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

浦和レッドダイヤモンズ

1950年に中日本重工サッカー部として創部。1964年に三菱重工業サッカー部、1990年に三菱自動車工業サッカー部と名称を変え、1991年にJリーグ正会員に。浦和レッドダイヤモンズの名前で、1993年に開幕したJリーグに参戦した。チーム名はダイヤモンドが持つ最高の輝き、固い結束力をイメージし、クラブカラーのレッドと組み合わせたもの。2001年5月にホームタウンが「さいたま市」となったが、それまでの「浦和市」の名称をそのまま使用している。エンブレムには県花のサクラソウ、県サッカー発祥の象徴である鳳翔閣、菱形があしらわれている。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント