IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高橋学

【フットサル日本代表/WEB取材】「日本にはいろいろなことを与えてもらった。その恩返しをしたい」。昨年12月に日本国籍を取得し即戦力として期待されるオリベイラ・アルトゥール。

SAL

フットサルワールドカップ開幕まで残り2カ月を切り、いよいよ本大会モードへ切り替わっている日本代表。W杯で上位に進出するためのキーマンとして大きな期待をされているのが、オリベイラ・アルトゥールだ。

アルトゥールは昨年12月に念願だった日本国籍を取得。今年3月のトレーニングキャンプを最初に、その後コンスタントに代表メンバーに選ばれW杯を目の前に控えるこのタイミングでも継続して呼ばれている。

フィクソながらFリーグ通算135得点と攻撃力の高いアルトゥールは、日本代表として戦うW杯にどんな想いを抱いて準備を進めているのか。彼の率直な心境に迫った。

W杯は子どものときからの夢

──22日からトレーニングキャンプが始まりましたがここまでの練習を終えていかがですか?

きついですね(苦笑)。練習はきついですけど、ブルーノ(・ガルシア)監督はまだ登録メンバーを決めていないので、メンバーに入れるように頑張りたいと思います。練習はめちゃくちゃきついですけど、トレーニングキャンプでフィジカルコンディションが作れるようにしているのでいい感じです。

──名古屋オーシャンズのトレーニングも相当きついのではいかと思いますが、代表はどういった違いがありますか?

毎日2部練習があるのでそれがきついですね。名古屋オーシャンズは2部練習が毎週火曜日と水曜日だけなので、代表の方がきついです。

──W杯までに個人としてよくしてきたいところは?

攻撃ですね。守備はフィクソだからできています。セットプレーじゃなくて攻撃のところを挙げたいです。僕の経験を使わなければいけないですし、他の選手とも話さないといけない。みんなにもサポートしてもらっていて、前回よりも良くなってきています。

──アルトゥール選手が初めて代表活動に呼ばれたのは今年の3月です。セットプレーなど覚えることはかなり多いと思いますがそこでの苦労はいかがですか?

選手といろいろ話をしていますし、代表もプレーブックがあるので、それは覚えるように毎日、寝る前に見ています。

──それはどれくらいの時間を割いていますか?

少しだけ、10分くらいです。名古屋オーシャンズのセットプレーと似ているので、覚えやすいところはあります。

──まだW杯のメンバーは決まっていませんが、楽しみな気持ちや気持ちが昂っている感じはありますか?

昂ります。子どものときからその夢はいつも考えていて、今からその夢が現実になることを本当に楽しみにしています。

──アルトゥール選手はブラジルで生まれて、お父さんがブラジル代表監督だった選手が日本人になることは新しいチャレンジだと思います。日本代表選手として戦うことはどんな意味がありますか?

良い意味だけ考えています。僕の家族はみんな良い意味だけをもらってみんな嬉しかったですし、僕も嬉しかったです。

──お父さんから言われたことは何か言われましたか?

「良いチャンスだ」と言ってもらいました。日本にはいろいろなことを与えてもらったので、その恩返しをするためにも日本代表として(W杯を)戦いたいです。

──W杯前の国際親善試合ではどういったことを確認したいですか?

結構試合はありますけど、W杯も7試合くらいあるので、W杯の前に同じくらいの試合を戦って、良い準備をしないといけない。W杯が始まるときに良い状態を作れているようにしたい。僕はまだ日本代表で試合をしたことがないですが、それも楽しみにしています。ちょっと緊張はしていますけど、普通の試合だと思うので大丈夫です。

──アルゼンチン代表やポルトガル代表、スペイン代表と対戦できる機会もあります。

めちゃくちゃいいチャンスですよね。僕たちのグループはアンゴラとスペインとパラグアイのチームがいます。アルゼンチン以外にベネズエラとも対戦できますが、(同じ南米で)パラグアイと似ているスタイルのチームと対戦できる。スペイン戦とポルトガル戦もある。似ているチームとの試合があるのでいい状態で臨みたいです。

関連リンク

クラブ名
SAL
クラブ説明文

フットサルを見る・蹴る・着るという3つの視点から多角的に発信していくメディアです。見る人には、試合情報や技術・戦術などの競技の魅力、選手のキャラクターや物語を。蹴る人には、ボールを扱う喜びや仲間と蹴る爽快感を。着る人には、注目アイテムや、着こなしのアドバイスを。それぞれのニーズに合ったフットサル情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント