IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©SDエイバル

乾、武藤所属のエイバル、キケ・ガルシアのハットトリックでアラベスに快勝(3‐0)

SDエイバル

武藤、乾は80分から投入、エースのハットトリックで17試合ぶりの勝利。逆転残留に望みを繋げる試合となった。

 ラ・リーガ第34節、20位エイバルは16位アラベスと対戦。逆転残留のためにも絶対に勝たないといけないこの試合で、チームを引っ張ったのはエイバルのエースだった。

 スコアが動いたのは3分、右サイドからのロングスローを起点にブライアン・ヒルのヘディングを胸でトラップしたエースのキケ・ガルシア。そのまま肩でボールを運びファーサイドにゴールを沈め、エイバルが開始早々先制に成功する。このゴールでキケ・ガルシアは今季二桁得点を達成した。

 エイバルは強みであるハイプレス、サイド攻撃、セットプレーを存分に生かして試合を有利に進める。ハイプレスが実り敵陣を奪い、ショートカウンターからブライアン・ヒルがフリーでシュートを放つが、惜しくもGK正面。エイバルがホームで1点リードして前半を折り返す。

 流れに乗ったエイバルは50分、左サイドに流れたエドゥ・エスポジトのクロスにキケ・ガルシアが右足で合わせてエイバルが貴重な追加点を挙げる。

 59分、トランジションから敵陣でボールを奪い、スペースに抜け出したソアレスが中に折り返す。このボールを受けたキケ・ガルシアが角度が無い場所から切り返し、右足で放ったゴラッソでハットトリックを達成する。

 80分に乾、武藤を同時に投入。残り時間が短い中、前線を活性化させた。キケ・ガルシアのハットトリックで快勝したチームは逆転残留に向けて望みをつなぐ試合となった。

 

ハットトリックを達成したエース、キケ・ガルシア ハットトリックを達成したエース、キケ・ガルシア ©SDエイバル

関連リンク

クラブ名
SDエイバル
クラブ説明文

SDエイバル (ソシエダ・デポルティーバ・エイバル)は1940年に設立された歴史のあるスペインのサッカークラブで、創設から現在に至るまでに地域リーグからトップリーグまであらゆるカテゴリーを経験してきました。その長い歴史の中でも、1988年から2006年まで18年連続で2部リーグに在籍し2部最長記録を達成したことと、2013-14シーズンの1部リーグ昇格決定は画期的な出来事でした。収容人数6300人のイプルア市営スタジアムを本拠地とし、現在ラ・リーガ1部に所属しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント