突撃!聞いてみた(審判員編)

岡山県サッカー協会
チーム・協会

【岡山県サッカー協会】

コロナ禍は続いているが、感染症予防対策(JFAサッカー活動の再開に向けたガイドライン 第9版)を徹底しながら2021シーズンの岡山社会人リーグが開幕することができた。様々な状況を想定しながら、実際に経験しながら、運営員も知恵を持ち寄り、試合を運営している。
大会には多くの人々の下支えがある。チーム、選手、スタッフ、運営、大会役員、そして審判員。
審判員のコロナ禍におけるモチベーションの保ち方や今シーズンに向けた心構えを知りたくて、会場をうろうろとしていた自分の前に、岡山県内でもトップクラスの大会で主審を数多く務めている土岩健2級審判員に開幕戦が終えた直後遭遇できたので、これはチャンスとばかりにインタビューを試みた。(そして快諾された。ありがとうございます)

土岩健2級審判員は、天皇杯岡山県代表決定戦準決勝でも主審を務めた審判員で、2級の中でも活動意欲は高くレベルも高い。安定感と選手からの信頼と自信を持っている。

試合には審判員が必要だ。
それはサッカーを知る人間ならわかることだが、このコロナ禍においての常々の体力維持、競技規則の認識、判断力の継続は、先の見えないチームや選手と同じく非常に厳しかったに違いない。それでも、土岩審判員のように「努力してきた選手を意識して勉強したり良い準備をしている」審判員の方々に感謝しながら、県協会も2021年度もサッカーをできる環境に務めていきたい。

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

岡山県サッカー協会

岡山県サッカー協会メディア広報班による中国地域の岡山県のニッチなサッカー、フットサル、ビーチサッカーをお伝えするチャンネルです。 岡山県サッカー協会の主催・主管事業を中心に登録チームの紹介やイベントをご紹介します。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント