三菱自動車水島FCが岡山県代表へ

岡山県サッカー協会
チーム・協会

【岡山県サッカー協会メディア広報班】

第41回岡山県サッカー選手権大会 兼 天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権岡山県代表決定戦が4月18日にシティライトスタジアムで開催された。
昨年度のコロナ禍では関係者以外の観戦はできなかったが、今回はコロナ対策を行いながら有観客試合を行った。
決勝は2017年度以来、社会人チーム同士の試合となった。
昨年度優勝を勝ち取った三菱自動車水島FCが2年連続の優勝狙っている。ENEOS水島は、今年からチーム名新たに岡山県の代表をかけて試合に臨んだ。共に地域サッカーリーグの中国サッカーリーグに所属するチーム同士の試合となった。

試合は、前半17分に三菱・宮澤選手(10番)が味方ディフェンスからのロングボールを足元に抑え、左足で豪快にシュートを放った。そのポストに跳ね返ったボールを齋藤選手(7番)が詰めて先制点を挙げた。
ENEOS水島もゴールに攻め込むシーンが見られたが三菱の守備に跳ね返された。

2年連続で岡山県代表になった三菱自動車水島FCは、5月22日に行われる天皇杯1回戦でシティライトスタジアムに山口県代表のFCバレイン下関を迎える。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

岡山県サッカー協会

岡山県サッカー協会メディア広報班による中国地域の岡山県のニッチなサッカー、フットサル、ビーチサッカーをお伝えするチャンネルです。 岡山県サッカー協会の主催・主管事業を中心に登録チームの紹介やイベントをご紹介します。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント