沖縄キャンプレポートVol.2(2021/1/26)

チーム・協会

【 ジェフユナイテッド市原・千葉】

沖縄キャンプ2日目。夜に降った雨の影響もあり、今朝はかなり蒸し暑くなりました。

そんなコンディションの中、チームは元気に始動。午前はまず、サーキット形式で体幹トレーニングを行いました。ユナパで行っていたころと比べると、プラスアルファの要素が加えられたり、新種目が増えたりと、内容は明らかにパワーアップ。選手たちは気合を入れて取り組みました。

熊谷アンドリュー選手と矢田旭選手。 2人1組になって各メニューを回っていきます。 【ⒸJEFUNITED】

松原颯太選手、背筋をのばして片足トランポリン。 【ⒸJEFUNITED】

選手に課すものは自分でもやる。 それが尹晶煥監督です。 【ⒸJEFUNITED】

使い終わった器具は、一つひとつていねいに消毒していきます。 その後はボールを使ったトレーニングへ。ミニゴールへのシュートや、ラインギリギリのところに出されたボールへの対応など、一つひとつのプレーに磨きをかけました。 【ⒸJEFUNITED】

ディフェンダーの鈴木大輔選手も、思い切り良くシュートを放ちました。 【ⒸJEFUNITED】

走り込んでゴールを狙う大槻周平選手。 【ⒸJEFUNITED】

小林祐介選手、ナイススライディング! 【ⒸJEFUNITED】

左から小田逸稀選手、見木友哉選手、櫻川ソロモン選手、岡野洵選手。 【ⒸJEFUNITED】

午前のトレーニング終了後、ディスタンスをとってパシャリ。
※この写真の裏話はユナパレポ(オフィシャルサイト有料コンテンツ)で!

午後のトレーニングは、戦術確認に多くの時間を割きました。キャンプでは選手たち個々の能力を上げることはもちろん、チームとしてもしっかり形をつくっていかなければいけません。
尹晶煥監督の指導のもと、共通理解を深めていきました。

戦術確認前にシュート練習。 小島秀仁選手がゴールを狙います。 【ⒸJEFUNITED】

午後のトレーニング終了! フィールドプレイヤーのウェアに着替えた新井章太選手、激レアな姿かも?! 【ⒸJEFUNITED】

本日、午後南城市へ表敬訪問へ伺いました。

森本航代表取締役から瑞慶覧(ずけらん)南城市長へ、コロナ渦の難しい状況の中、キャンプを受け入れていただいたこと、毎年キャンプへの協力をいただいていることへの感謝とともに、十分に注意はらいキャンプを実施していく旨をお伝えしました。

南城市より、花束、沖縄県のアグー豚、いちご「美らイチゴ」、マンゴージュース、タンカンをいただきました。 ありがとうございます。 【ⒸJEFUNITED】

ジェフユナイテッド市原・千葉より、南城市のサッカー少年団へオフィシャルサプライヤーであるGAViCのレフリーフラッグとフラットマーカーセットを贈呈しました。 【ⒸJEFUNITED】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ジェフユナイテッド市原・千葉

千葉県市原市、千葉市をホームタウンとするJリーグクラブ。1993年Jリーグ開幕より加盟。 「全員の力で勝つ」という意味を込めた『WIN BY ALL!』というクラブフィロソフィーのもと、 チーム、サポーター、そしてホームタウンが結束して勝利を目指し闘う。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント