2021ユニフォームデザインを発表! クラブ創設30周年記念モデルは10年ぶりのオールレッド仕様!

鹿島アントラーズ
チーム・協会

【©KASHIMA ANTLERS】

プロスポーツクラブを応援するものであれば、

いつだって記念モデルのユニフォームは身にまといたいものではないだろうか。

2021シーズン、鹿島アントラーズはクラブ創設30周年を迎える。

12月25日、その大事な一年を戦うユニフォームデザインとNIKEキービジュアルを発表した。

鹿島アントラーズからいつも支えてくれるサポーターへ向けた、クリスマスプレゼント。

来シーズンも、ともに戦い、ともに乗り越えよう。

30年目の挑戦へ。

すべては勝利のために。


カシマスタジアムで2021ユニフォームを身に纏う土居聖真と上田綺世。 【©KASHIMA ANTLERS】

Design(デザイン)

【ホーム】

ホームユニフォームは、2021年10月1日に迎えるクラブ創設30周年記念モデルとして、クラブカラーであるディープレッドをシャツ、ショーツ、ソックスに採用。品格とアグレッシブさを兼ね備え、10年ぶりのオールレッド仕様となる。デザインは、鹿の角や刀が交わる瞬間を”X”で表現したフロントグラフィックを斬新に使い、”X”が浮かび上がるように配置されたドットにより躍動感を演出している。ネックと袖のリブ、両脇からショーツにかけてのサイドテープとソックスにはダークネイビーを使用し、鹿島灘からインスピレーションを得てオールレッドにアクセントを入れている。

ホームユニフォームは、10年ぶりのオールレッド仕様となる。 【©KASHIMA ANTLERS】

2021ホームユニフォームを見に纏う土居聖真。 【©KASHIMA ANTLERS】

【アウェイ】

これまで数多くのタイトル獲得の際に着用している「ビクトリーホワイト」をベースとする、オールホワイトのカラーコンビネーションを採用した。2016年に2つの国内タイトルを獲得し、世界王者をかけて国際大会決勝で着用したホームユニフォームのボディー配色からインスピレーションを得て、ディープレッドとダークネイビーをネックラインと袖のリブ、両脇からショーツにかけて繋がるサイドラインに左右非対称にアレンジしている。


アウェイユニフォームは、これまで数多くのタイトル獲得の際に着用している「ビクトリーホワイト」をベースとする。 【©KASHIMA ANTLERS】

2021アウェイユニフォームを見に纏う上田綺世。 【©KASHIMA ANTLERS】

※レプリカユニフォームのホーム半袖の予約受付は、1月を予定しております。日程確定次第、オフィシャルショップ店頭、およびオフィシャルサイト、オフィシャルオンラインストアにてお知らせします。また、その他商品につきましても販売スケジュールが確定次第、随時お知らせいたします。


  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

鹿島アントラーズ

1991年10月、地元5自治体43企業の出資を経て、茨城県鹿島町(現鹿嶋市)に鹿島アントラーズFCが誕生。鹿角を意味する「アントラーズ」というクラブ名は、地域を代表する鹿島神宮の神鹿にちなみ、茨城県の“いばら”をイメージしている。本拠地は茨城県立カシマサッカースタジアム。2000年に国内主要タイトル3冠、2007~2009年にJ1リーグ史上初の3連覇、2018年にAFCアジアチャンピオンズリーグ初優勝を果たすなど、これまでにJリーグクラブ最多となる主要タイトル20冠を獲得している。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント