IDでもっと便利に新規取得

ログイン

画像提供:パーソル パ・リーグTV

太田椋のプロ初安打は本塁打に! ジョーンズも特大弾を放ったオリックスが快勝【7/16試合結果】

パ・リーグインサイト

 7月16日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと福岡ソフトバンクの第3回戦は、オリックスが4対3で接戦を制した。

 オリックスは3回裏、1死から9番・太田椋選手が福岡ソフトバンクの先発・バンデンハーク投手の直球を捉えると打球はそのままスタンドへ入り、プロ初安打が初本塁打となった。さらに四球などで2死1塁とすると3番・吉田正尚選手に適時二塁打が生まれて1点を追加。続く4番・ジョーンズ選手はスタンド上段に特大の4号ソロをたたき込み、この回一挙4得点。

 援護をもらったオリックスの先発・山崎福也投手は、2回表に8番・松田宣浩選手、5回表は2番・今宮健太選手の犠飛で2点を失うもリードは譲らず。5回5安打2失点の内容で勝利投手の権利を持って降板した。

 リードするオリックスは6回表は増井浩俊投手、7回表は山田修義投手、そして8回表はヒギンス投手が無失点ピッチングを披露し、2点のリードを持って最終回へ。9回表は守護神・ディクソン投手が1点を失うも、なんとかリードは守りきり、4対3で試合終了。

 勝利したオリックスは先発・山崎福也投手が5回5安打2四球2失点と先発の役割を果たし、今季初勝利。打線も3回裏に2年目・太田椋選手にプロ初本塁打が生まれるなど4点を奪った。敗れた福岡ソフトバンクは先発・バンデンハーク投手が2.2回4安打3四球4失点と試合を作ることができず。打線もつながりを欠き、得点圏に走者がいる場面であと1本が出なかった。

  123456789 計
ソ 010010001 3
オ 00400000X 4

ソ ●バンデンハーク-板東湧梧-川原弘之-泉圭輔
オ ○山崎福也-増井浩俊-山田修義-ヒギンス-Sディクソン

文・後藤万結子

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント