WBA世界ミドル級タイトルマッチ ブラントvs.村田

7/12 21:00 エディオンアリーナ大阪

村田、2RTKOで勝利 ミドル級王座奪還!

ゲームスコア

[WBA同級王者]ロブ・ブラント

TKO

[WBA同級4位]村田諒太

2R2:34
※村田は王座奪還

総括

村田(写真左)がブラントとの再戦を制し、ミドル級王座返り咲きを果たした【写真は共同】

 ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチが12日、エディオンアリーナ大阪で開催。昨年10月、ロブ・ブラントに敗れ王座を失った村田諒太はホーム・日本にブラントを迎え、リベンジとベルトを懸けたリマッチに臨んだ。

 スピードあるブラントに先攻された村田だが、前に出てプレッシャーをかけ、右ストレートやボディストレートを強打し乱戦に持ち込む。ブラントも村田に巻き込まれた形で打ち合いを余儀なくされ、両者打ちつ打たれつで試合は2Rへ。

 村田は2Rもプレッシャーをかけ強打を浴びせ、右ストレートからの左フックでブラントをダウンさせる。その後も連打をまとめてブラントを打ち据えると、ついにレフェリーが試合をストップ。不利の予想を跳ねのけ、2回TKOでの王座返り咲きを果たした。

  • 【村田の今後は?】昨年あたりからたびたび話題になってきた村田とゴロフキンとのドリームファイトも、まだ完全に消滅したわけではない。まずは…

    (写真:Getty Images) 詳細を読む (アプリ限定)

ラウンド詳細

  • 試合前

     村田は集中した表情でリングインを待つ。ブラントとの再戦に向けて、準備が整った様子。

     まず先に入場は王者・ブラント。余裕の現れか、リラックスした様子と表情で観客のタッチに応じ、笑顔を見せながらリングへ向かう。

     続いて村田が入場。バックステージでは小さく笑顔を浮かべたが、花道では引き締まった表情でリングへ歩を進める。

  • 1R

     ブラントはジャブ、ストレート、ボディストレートと先行。村田はこれをブロックし、その後で打ち返していく。

     ジャブを手数多く突くブラント。村田は右ストレートを上下打ちし、さらに右クロス。村田はのっしのっしと歩を進め、ブラントのパンチをブロックで弾きボディストレート、ジャブ・右ストレートと打ち合いを展開していく。

     村田は右ストレートから左フック、ボディストレート。両者初回から打ち合いとなる。ブラントは正面に立たず、ジャブ、左フック、ワンツーをまとめると左右に動き、村田に的を絞らせない。村田はボディストレート、左ボディフック。さらに右ストレートを2連打。ブラントも左フックをヒットする。

  • 2R

     場内は初回から仕掛けた村田をコールで後押し。ジャブとステップで間合いを保持しようとするブラントだが、村田はそれを許さずプレッシャーを掛けていき、左フックの上下打ち、右ストレートでヨロめかせると、右ストレートと右フックで軌道を変えて打ち据え、ついに右ストレートからの左フックでダウンを奪う。

     ブラントが立ち上がっても、さらに村田は左フックと右ストレートで猛追。村田は右ストレートを上下打ち。ブラントのガードを破って右ストレート、左フック、右フックとガードの合間からさらにブラントを打ち据える。動きが緩慢になるブラント。村田はストレート、右アッパー、左ボディとパンチを打ち分ける。右ストレート、右フックと被弾しフラフラで反応の鈍いブラントを見てレフェリーが試合をストップした。

  • 村田の試合後コメント

    「ありがとうございます! 最高です。まずは本田(明彦)会長、もう使い物にならないボクサーなのに使ってくれてありがとうございます。練習した通りのことができたので良かったです。チーム帝拳は最高です。チーム帝拳のみんなありがとう。

     ほんとは2R目でバテて、3R目からグズるところ見たかったでしょ(笑)。そうならなくて良かったです。前回と違う出方で面食らったところもあったんですけど、新しくトレーナーについてくれたカルロス、チームみんなのおかげです。

    (愛息の)晴道、明日からいくらでもパパと野球でも水泳でも行けるからな。記事を見たら僕の方がオッズが低かったので、結構損をさせたかと思うので申し訳なかったです。
     
     チーム帝拳が僕に居場所をくれました。帝拳ジムには世界チャンピオンがいないといけないし、そのバトンを渡せる選手が出るまで頑張ります。もう33歳でボチボチ辞めたいから、(若い選手たち)早く出てきてくれ(笑)」

関連リンク