第100回箱根駅伝予選会

2023/10/14(土) 9:35スタート

箱根駅伝予選通過13校決定、東京国際大は3秒差で箱根逃す

${thead.title01} ${thead.title02} ${thead.title03} ${thead.title04}

総括

 第100回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会が14日、東京都立川市で行われた。陸上自衛隊・立川駐屯地から立川市街地を経て、昭和記念公園に至るハーフマラソンコースで実施され、13校の出場枠をかけ今回は関東以外の大学11校を含む史上最多57校が参加した。

 全体1位では大東文化大学が10時間33分39秒で2年連続52回目の本選出場を決めたほか、6年連続の明治大、17年連続の帝京大、76年連続の日本体育大など常連校が箱根路の切符を勝ち取った。大会直前に監督が解任となった立教大も10時間37分06秒で全体6位に入り、2年連続本選出場を果たした。

 久々の本選出場校では全体1位でゴールしたS・キップケメイがチームを引っ張った日本大が4位で4年ぶり出場、1年生前田和摩が日本人トップの快走を見せた東京農業大は11位で10年ぶりの箱根切符をつかみ取った。

 一方、7年連続の出場を目指した東京国際大は、留学生エティーリが転倒するアクシデントもあるなど記録を伸ばせず。13位とわずか3秒差の14位に終わり出場を逃した。また初出場を目指した麗澤大も15位に終わり悲願成就とはならなかった。

 第100回箱根駅伝は2024年1月2日、3日に今回予選通過の13校と前回大会上位のシード校10校を加えた23校が参加し行われる。

テキスト速報

  • まもなくスタート

    現地の天気は曇り。気温は15.8度。立川駐屯地から立川市内を経て昭和記念公園へ至るルートで行われる。

  • スタート

    陸上自衛隊・立川駐屯地の滑走路を57校の選手が一斉にスタート。

  • 1キロ

    先頭には留学生たちによる集団が形成されていく。先頭には2年連続予選会個人トップの武蔵野学院大のW・C・カマウが立つ。

  • 3キロ

    立教大、帝京大、日本体育大学がなど集団走に。

  • 4キロ

    留学生集団の先頭に東京国際大1年のエティーリが立つ。 先頭集団の中では中央学院大3年・吉田礼志が唯一日本人でレースを続ける。

  • 6キロ

    東京国際大・エティーリと桜美林大・マンデランビティ(2年)が先頭集団から飛び出し始める。

  • 8キロ

    コースは立川駐屯地を出て立川の市街地へ。初出場を目指す麗澤大のD・ネイヤイ(2年)が先頭に。直後、東京国際大・エティーリが転倒、すぐに立ち上がりレースに復帰するも集団からは遅れを取ってしまう。

  • 10キロ

    10キロ地点で28分25秒前後で先頭集団が通過。大会記録、日本学生記録を上回るペース。
    帝京大、明治大、神奈川大、国士舘大、立教大、拓殖大、大東文化大、駿河台大、東農大、日本体育大、中央学院大、山梨学院大、専修大の順で10人通過していく。
    10人合計タイムの速報値では、立教大、明治大、拓殖大、中央学院大、駿河台大、国士舘大、帝京大、大東文化大、上武大、山梨学院大、神奈川大、東京国際大、東京農業大が上位に。

  • 12キロ

    先頭は日本大・ キップケメイ(1年)、麗澤大・ネイヤイ、山梨学院大・ムトゥク(2年)が縦になって走行を続ける。

  • 14キロ

    先頭日本大・ キップケメイ、山梨学院大・ムトゥクが昭和記念公園の敷地内に戻ってきた。東海大は10キロ地点で速報値20位台だったが5人程度の集団で走行を続け上位進出を目指す。

  • 15キロ

    先頭日本大・ キップケメイ、山梨学院大・ムトゥクは引き続きM・モグスの持つハーフマラソン学生日本記録(59分48秒)を上回るペースで走行。
    東農大の1年、前田和摩はここまで集団走を続けていたが、一気にスパートをかける。
    明治大、帝京大、神奈川大、国士舘大、日本体育大、立教大、拓殖大、駿河台大、東京農業大、東海大、日本大、中央学院大、専修大が10人通過時点で上位に。
    速報値では明治大、立教大、帝京大、大東文化大、中央学院大、国士舘大、駿河台大、神奈川大、山梨学院大、拓殖大、東京農業大、麗澤大、東京国際大が合計タイムで上位に。

  • 18キロ

    東農大・前田が東京国際大・エティーリを抜いて上位に。

  • 20キロ

    先頭は日本大・キップケメイが通過。日本勢ではトップ中央学院大・吉田に東農大・前田が徐々に迫り抜き去った。

  • ゴール

    先頭は日本大・キップケメイ、日本薬科大・ キプルトがほぼ並んでゴールインもわずかにキップケメイが前か。大会新記録にはわずかに及ばず。
    日本勢では東農大・前田が1時間1分41秒、日本勢トップでゴール。次いで中央学院大・吉田もゴール。
    各校の選手が続々ゴール、このあと各校上位10人の合計タイムが集計され運命の結果発表が行われる。

関連リンク

編集部ピックアップ

竹田麗央が初の首位発進 2週連続優勝へ「…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

コラムランキング