クラブ選択に自信!メンタル的に安心できるクラブを選ぼう!

Gridge(グリッジ)

【(c)publicdomainq】

ゴルフをある程度練習すると、自分の得意な距離やクラブが出てくるでしょう。

あなたにとってパター以外のクラブで得意なクラブ及び距離はどれくらいでしょうか?

「この距離なら大きなミスなくしっかり打っていける」

「このクラブなら絶対にミスしないという自信がある」

技術もそうですが、このようにメンタル的に自信を持ってショットを打てるクラブや距離というのは、ゴルフにおいてとても重要なものになります。

そもそもアマチュアゴルフって!

アマチュアゴルファーの方の場合、多くのケースでレギュラーティーからショットを打つことになりますよね。

その場合、ミドルホール(パー4)で350ヤードちょっと、ロングホール(パー5)で500ヤードちょっとというのがほとんどだと思います。

男性であれば50歳までの方の場合、ティーショットで200ヤード以上は飛ばすことができるでしょう。

つまり、2打目以降に残ってくる距離に得意なクラブがあるとすごい楽にゴルフができますよね!

そう考えると、150ヤード以下を打つ安心して打てるクラブを練習することが重要なのです。

150ヤード以下で得意なクラブがあれば!

150ヤード以下で得意なクラブがあるとします。

例えば上記のミドルホールで考えてみましょう。

350ヤードでティーショットを200ヤード飛ばせれば残り150ヤードです。

力のある男性であれば8番アイアンで届く距離ですし、例えば8番アイアンで120ヤードの飛距離だったとしても残り30ヤードのアプローチでグリーンオンできます。

150ヤードが得意な8番アイアンなら、乗せて2パットのパーが考えられますし、あわよくばバーディまであります。

8番アイアンの飛距離が120ヤードでも、3打目の30ヤードを乗せて2パットのボギーは見えてきます。

アマチュアの方にとってボギーは十分にいいスコアだといえるでしょう。

500ヤードのロングホールにおいて同じ条件で考えると、8番アイアンで2回打てばグリーンオンもできる距離になるのです。

少しショートしてもパーの可能性は十分にありますよね。

無理に大きなクラブを打たない!

ロングアイアンで距離を稼ぎたい、という気持ちになる場合も確かにあります。誰しもがいいスコアでホールアウトしたいですものね(笑)。

しかし、大きいクラブほど難しいイメージを持ちやすいもの。

そんなメンタル状態だといいショットを打つのはなかなか難しいでしょう。

重要なのは距離よりも確実に安定した距離を縮められるショット!

無駄に大きなクラブを選択せずに、自信を持てるクラブを選択しましょう。

自信の持てるクラブを見つけて!

ドライバーが上手く打てなくても絶対に上手く打てるクラブを持っているのであれば、最低でも1本は自信を持ってショットを打てるということになります。

つまり、そういったクラブや距離を持っているとスコアが確実に安定することになります。

ドライバーなど距離の出る気持ちいいクラブを練習してしまいがちですが、まずはショートアイアンやウェッジで自信を持てるクラブを作れるように練習してみてはいかがですか?
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント