【水沢競馬11R 寒菊賞 予想】前走の内容を評価マルーントリックに注目

情報提供:オッズパーク

写真は昨年の優勝馬セイレジーナ 【提供:岩手県競馬組合】

(全国公営競馬専門紙協会・岩手ケイシュウニュース 峯村正利)

 本日のメインは、2歳のマイル重賞「寒菊賞」(M3、2歳オープン、JRA認定、左回り、ダート1600m)。この競走は12月30日に行われる金杯のトライアル(1~3着馬に優先出走権)です。

 北海道から移籍初戦の認定競走は先行力に粘り強さを発揮して2着と好発進(2)マルーントリック、岩手で大活躍エンパイアペガサス(現在種牡馬)を半兄に持つ魅力ある血統だけに時計比較からも勝機到来。3戦2勝(4)サクラトップキッドは前走の南部駒賞で5着に敗れたが、強敵に揉まれた経験は強みとなりそう。

 スピードが武器で上昇力ある(1)リノグロワール、どんなメンバーでも堅実に駆ける(6)セイバイラックが上位圏。伸びしろある(8)レッドオパール、もつれ込めば(5)ビッグサララルーフにもチャンスあり。
◎(2)マルーントリック……エンパイアペガサスを兄に持つ岩手馴染みの血統。北海道から好調下で移籍し、馬体細化もセンスある走りで認定競走2着。コース2度目の上積みに強敵不在となれば狙ってみたい。

○(4)サクラトップキッド……10月デビューで2連勝を飾り、いきなり好メンバー揃った交流重賞・南部駒賞は直線詰め寄って5着。まだまだ伸び行く好素材で今回の顔ぶれなら好位置キープもできそうなだけにタイトル奪取まで。
▲(1)リノグロワール……岩手デビュー馬限定・太夫黒特別はリトルカリッジの決め手に屈したが、3コーナー早め先頭に立ちクビ差2着は評価できるもの。追い切りの動き軽快で引き続き好調となればチャンス十分。

△(6)セイバイラック……岩手デビュー馬限定・太夫黒特別3着。交流重賞ジュニアグランプリ、プリンセスカップともに4着と相手なりに駆ける堅実なタイプ。上位の一角とみたい。
△(8)レッドオパール……初距離を問題にせず、移籍初戦を突破した。北海道の成績も良く、今度はマイル戦でも上昇力に期待を。

△(5)ビッグサララルーフ……メンバー唯一の3勝馬。決め手鋭く若駒賞3着の成績もあり、流れ向けば出番ある。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

地方競馬・競輪・オートレースの投票ができるサービスです

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

コラムランキング

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント