W杯アジア最終予選特集 #この一戦にすべてを懸けろ

ラモス瑠偉の揺るぎない代表愛「日本代表の力を、勝利を信じてほしい」

北條聡

みんなのポジティブな思いは選手に必ず伝わる

“ドーハの悲劇”は「運命だった」と振り返る。日本に初のワールドカップ出場権をもたらすため、チームの全員が最後まで死力を尽くした 【写真:岡沢克郎/アフロ】

――当時の代表選手たちは強い使命感を持って戦っているように映りました。

 最後のアメリカW杯アジア最終予選(1993年)は、ちょうどプロ化した年。自分たち(日本代表)がうまくいかなかったら、Jリーグがどうなってしまうのかと。大きなプレッシャーがあった。だから、絶対に火を消しちゃいけないという覚悟と責任を持って、みんな戦っていた。

――残念ながら、W杯本大会にはあと一歩届きませんでした。

 運命だなと。あれは起こるべくして起きた出来事、お前たちはまだまだだと神様が言っている。楽じゃないけれど、これからの4年間を頑張れば、またチャンスを与えると。そう言われているような気がした。本当の理由なんかわからないけれど、何かがあった。ただ、W杯に行けなかったのは誰のせいでもない。運命。

――その何かとは?

 言い訳するつもりも、逃げるつもりもないけれど、自分たちにはあらゆる意味で経験が足りなかったのは事実。当時は海外でプレーしている選手もいなかったし、強い国と戦う経験も乏しかった。そういう機会がもっとあったら、よかった。ただ……。

――どうぞ。

 W杯には行けなかったけれど、最後の瞬間まで自分たちは必死に戦った。本気で戦った。そのことだけは胸を張って言える。そして、誰よりも悔しい思いをしたのは自分たち。それも間違いない。本当に眠れなかったし、本気でサッカーを辞めようとさえ思った。今でも夢を見るんですよ。W杯の本大会でカズとキックオフしている光景をね。負けて悔しくない選手なんて一人もいない。負ければ本当につらい。それがW杯最終予選ともなれば、なおさらそう。だから、ファン・サポーターには寄り添ってほしい。それが代表の大きな力になる。絶対に必要。みんなのポジティブな思いは伝わる。必ず伝わる。私は身をもって、それを経験したから。

本大会に勝ち上がってベスト8?いや、ベスト4に行ってほしい

森保監督は93年10月にドーハの地で悔しい思いをした一人だ。ラモス氏は「苦境に直面しても、乗り越えて行ける」と、かつて一緒に戦った仲間を信じる 【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

――日本代表の森保一監督も、あの最終予選で悔しい思いをした一人ですね。

 そう。W杯に行けなかった私たちの思いも背負って、彼はずっと戦ってくれている。現在は監督という立場だけれど、当時も今も日本サッカーの未来を考えて戦っている。

――ラモスさんにとって、森保監督とはどんな人物ですか?

 本当に真面目。誠実だし、裏切らない。代表の誇りやプライドをしっかり持っている男。そして、選手時代から本当に他者のことをよく考えていた。気遣い、気配りね。今でもそう。ちょっと選手たちに気を遣いすぎじゃないかと思うくらい。あなたが監督だよと(笑)。本当に賢い選手で、読みもよかった。ポジショニングも天下一品。当時から指導者としての資質があったと思う。そして、何よりもハートが強かった。そうじゃなければ、私に追い出されていたよ(笑)。

――また、いつも感謝の念を口にする方でもありますね。

 苦労してきた証。苦労すればするほど、周りへの感謝の思いもまた、強くなる。今の代表選手たちを見ても、吉田(麻也)や長友(佑都)なんかは、そういう男たちでしょ。日本サッカー界への感謝の念、恩返しの思いを強く持っている。

――そこは時代を問わず、日の丸を背負って戦う選手たちに共通するわけですね。

 感謝、恩返し、リスペクト。それが大事という点で、私とぶつかる人はそうはいない。義理と人情、仁義の世界。私は子供の頃から、それを大切にしながら生きてきた。そういう人たちが集まったチームは強い。

――選手のみならず、監督も。

 森保はフェアな男。彼の思いは伝わっているだろうし、選手たちの信頼は高いと思う。だから、苦境に直面しても、乗り越えていける。うまくいくよ。

――森保監督に対し、メッセージを伝えるとしたら何でしょうか?

 周りの雑音なんか、気にするなと。ブレずに、自分の信じたことをやり続ければいい。まぁ、私なんかが言わなくても、その覚悟があるからこそ、代表監督をやっているんですよ。それがなければ、とっくに尻尾を巻いて、逃げ出しているよ。

――あのカタールでW杯の本大会が開かれるというのも因縁めいています。

 私たちは地獄を見たからね。もちろん、森保も。あの“ドーハの悲劇”を経て、彼がどんな生き方をしてきたか。神様はちゃんと見ているはず。本大会に勝ち上がって、ベスト8? いや、ベスト4に行ってほしいね。とにもかくにも、日本代表の力を信じてほしい。その思い、パワーは半端じゃないから。この国がひとつになれるかどうか。そこが試されていると思う。だって、みんなの代表だよ? みんなで戦う試合だよ! いったい何が不満? 文句や批判、そんなものは終わってから、いくらでもすればいい。冗談じゃないよ! 今はみんながひとつになって応援しなきゃダメなんだよ。だからこそ「全日本」で後押ししなきゃいけない。私は心から森保と日本代表、オールジャパンの勝利を信じてるよ!

(取材協力:KAKU SPORTS OFFICE)
(企画構成:YOJI-GEN)

ラモス瑠偉(ラモス・るい)

ラモス氏が現役時代に着た日本代表のユニホーム。94年W杯予選でもこの青いシャツをまとって戦った 【KAKU SPORTS OFFICE】

1957年2月9日生まれ。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ出身。77年に来日し、読売サッカークラブ(東京ヴェルディの前身)でプレー。攻撃の核として5度の日本リーグ優勝に貢献し、得点王を2回、アシスト王を3回獲得した。93年にスタートしたJリーグでもヴェルディ川崎の中心選手として活躍。チームを初代王者、さらに連覇に導くとともに、自身は2年連続でベストイレブンに選出されるなど、リーグの草創期を支えた。89年に日本に帰化して日本代表でもプレー。司令塔としてアジアカップ初優勝をもたらし、94年W杯予選でもチームをけん引したが、あと一歩というところで本大会の出場権を逃した。国際Aマッチ通算32試合・1得点の記録を残している。98年に現役引退。指導者としては古巣の東京VとFC岐阜で指揮を執り、ビーチサッカー日本代表の監督も3度にわたり務めた。現在はサッカーに加え、パラスポーツ・バリアフリー応援大使、コメンテーター、タレントなど様々な分野で活躍中だ。


【試合情報】
AFCアジア予選 -ROAD TO QATAR-
第9戦 オーストラリア代表vs日本代表
3月24日(木)18時10分キックオフ(17時30分配信開始)
DAZNにて独占配信

2/2ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント