IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダービー本命はエフフォーリアにあらず!
競馬予想AIが激推しする特選馬に注目だ

アプリ限定

無敗の二冠制覇を目指す皐月賞エフフォーリア(左)、下馬評では断然のダービーV候補だがAI予想の狙いは別にあり?
無敗の二冠制覇を目指す皐月賞エフフォーリア(左)、下馬評では断然のダービーV候補だがAI予想の狙いは別にあり?【写真は共同】

 2018年生まれのサラブレッド7398頭の頂点を目指し、いよいよ2021年の日本ダービーが30日、東京競馬場2400メートル芝を舞台に行われる。


 注目は無敗の皐月賞馬エフフォーリアと手綱をとる弱冠22歳の横山武史。クラシック第一冠目をかけた前走の皐月賞では並み居るライバル馬を蹴散らし、決定的とも言える3馬身差の快勝。同世代で能力が一歩も二歩も抜きん出ていることを証明してみせた。


 枠番も近年のダービーでは好成績を残している1枠1番を引き、昨年のコントレイルに続く無敗の二冠達成へ追い風が吹いている。オッズでも“1強”を示している通り、このままエフフォーリアで堅く収まりそうな下馬評ではあるが、勝負事はそうすんなりとは決まらない、と異を唱えているのが競馬予想AI『VUMA(ヴーマ)』だ。


 今年1月31日の根岸ステークス&シルクロードステークスから4月17日の中山グランドジャンプまで土日いずれかの重賞レースを12週連続で的中し、GIも高松宮記念、桜花賞、天皇賞・春、NHKマイルカップを仕留めるなど絶好調。そんな高性能AIが激推しする本命馬はエフフォーリアではなく、別にいた!


 膨大なデータを処理、解析、学習し、たどり着いた渾身のダービー予想と推奨する馬券の買い目をぜひとも注目していただきたい!

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント