八村塁の思い、そして高校生に伝えたい事 「バスケをやれることに感謝している」

丹羽政善

異例のWCに挑む選手たちに伝えたいこと

福岡第一が3連覇をかけて今大会に臨むなどのトピックはあるが、その前に、まずはバスケができることに感謝してほしいと八村は語った 【写真は共同】

 こんなときだからこそ、将来までを見据え、どんな自分でいられるのか。

 NBAを目指していた八村は、バスケットの名門ゴンザガ大へ留学したが、当初は英語が分からず、勉強についていくのが精いっぱい。バスケットの練習でも、思うように意思疎通ができずもがき苦しんだ。当時、「こんなに大変だと分かっていたら、来なかったかもしれない」と漏らしたほど。おそらく、それらを言い訳にいくらでも逃げることができたが、彼は後悔をしたくなかった。足を踏ん張って耐えたその先に、彼の今がある。

「(やることは)すごい小さいことでもいい」と八村。

 バスケットは、チームスポーツではあるが、一人でできることも少なくない。八村はバスケットを始めた中学時代、苦手だったフリースローの練習をするため、毎朝学校の体育館へ行って練習した。今オフも、他の選手らと一緒に練習をする機会が限られたため、パーソナルトレーナーを雇い、身体能力の向上を図った。また、チームのアシスタントコーチの一人、コーリー・ゲインズとともに、課題の3ポイントシュートだけでなく、ディフェンスの練習にも時間を割いた。

「相手のパーソナルというか、(相手選手の)癖を覚えるのは大事。この選手はどういう風にするのが好き、この選手はこういうのが嫌い、というところを少しずつやった。そういうところが、個人的なディフェンス面では大事になってくる」
 例えば1対1になったとき、相手は右に動く傾向があるのか、左なのか。どうされると嫌がって、無理なシュートを打ちに行ったり、ボールを手放すのか。チームとしてのディフェンスも大事だが、決してそれだけではない。細かい作業の積み重ねがいつか力となる。そして何より、自分で考え、練習を工夫していくことの大切さを八村は訴えた。

「そういうところを意識して、どんどんやってほしい」

 無駄になっても構わない。回り道をしないと見えてこないこともある。負けたときに悔いが残らないようにするには、その要因を一つ一つ潰していくしかない。バスケットをできることに感謝をしつつ、限られた中でもできることを見つけ、まずはやってみる。

 それが今、大会を前にしたアスリートたちに八村が伝えたいことだ。

 このメッセージを高校生たちはどう解釈し、そして自分の行動にどうつなげるか。それもまた、彼は問うている。

2/2ページ

著者プロフィール

丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米。インディアナ州立大学スポーツマネージメント学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行う。3月24日、日本経済新聞出版社より、「イチロー・フィールド」(野球を超えた人生哲学)を上梓する。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント