横浜・及川が「内緒」にしていた新球種
3年間の悔しさをぶつける最後の夏

アプリ限定

センバツ3回途中5失点で気付いた課題

1年生から甲子園に出場した及川が、いよいよ最後の夏を迎える
1年生から甲子園に出場した及川が、いよいよ最後の夏を迎える【写真は共同】

 6月上旬、横浜高校長浜グラウンド。

 春の県大会以来、1カ月半ぶりに会った及川雅貴(およかわ・まさき)は充実した表情をしていた。

「ストレートの指のかかりが良くなっています。最近ではなかった感覚で、しっくりきています」

 状態は上向き。平田徹監督、金子雅部長も「夏に向けて、いい感じに上がってきている」と口をそろえた。


 センバツの初戦で明豊に3回途中5失点と打ち込まれたあと、フォームの修正に力を入れた。明豊戦のビデオを見返す中で感じた課題は、上体の突っ込みと、後ろに入りすぎるテイクバックだった。テイクバックは、「(利き手を)太ももの横にくっつけておくようなイメージ」を心がけ、以前よりもコンパクトになった。


「後ろに入り過ぎる分、トップに入るタイミングがずれることがありました。自分で変えてみたところ、いい感じにまとまってきました」


 テイクバックを変えたことで、上体の捻(ひね)りも抑えられるようになった。ある程度の捻りがなければ強い球は放れないが、及川の場合は「速い球を投げたい」という欲から捻りすぎているところもあった。


「今の投げ方では150キロは出ないと思いますけど、それよりもストレートの質やコントロールを大事にしたい。回転数の多いストレートが理想です」


 変化球について問うと、意外な言葉を発した。

「カーブを投げ始めたことで、ストレートもしっかり叩けるようになりました」


 カーブ……?

 そう聞き直すと、「申し訳ありません、カーブを投げていました」とペコリと頭を下げた。

大利実

1977年生まれ、横浜市出身。大学卒業後、スポーツライター事務所を経て独立。中学軟式野球、高校野球を中心に取材・執筆。著書に『中学の部活から学ぶ わが子をグングン伸ばす方法』(大空ポケット新書)や、神奈川高校野球の監督たちの指導論やライバル関係を描いた『高校野球 神奈川を戦う監督(おとこ)たち』『神奈川を戦う監督(おとこ)たち2』(ともに日刊スポーツ出版社)がある。有料メルマガ「メルマガでしか読めない中学野球」(http://www.mag2.com/m/0001566390.html)やツイッター(@mino8989)でも情報を発信中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント