sportsnavi

トーレス×大久保 J開幕直前対談
同世代の2人が語る「点取り屋の哲学」

大久保「どうしたらFWにボールを集められるか」

大久保は今季について「より多くの得点を取りたい」と意気込む
大久保は今季について「より多くの得点を取りたい」と意気込む【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

――今季の具体的な目標はありますか?


トーレス 数字は言わないです。チームが機能して、内容的にも良くなれば、自然とゴールはできると思います。守備ばかりやっていたらボールは来ないですし。鳥栖にとっても今季は変化のシーズン。新しいものをたくさん取り入れているので、目の前の試合に一つひとつ集中していくことが大事です。


大久保 自分も特別な数字は設定してないけれど、より多く点を取りたいですね。去年の5点というのは、あまり試合に出なかったから。磐田に行ってからは中盤をやっていたので、難しいものがありました。今年は攻撃的に行くので、期待していてください(笑)。


――2人の点取り屋としての哲学は?


トーレス 自分はFWなので攻撃が好きだし、点を決めることももちろん好きです。ただ、それ以上に、数多くのボールが自分に来る必要があるという意識が強いですね。


 ひとつ例を挙げていいですか。(質問者のボールペンを取って)ノートに名前を書いてもらってもいいですか。


――ペンがない……。


トーレス それで分かりましたか。名前を書こうにもペンがないから書けませんよね。そういうことなんです(笑)。FWはボールが来なければ何もできないですよ。


大久保 素晴らしい(笑)。


トーレス いい動きをして、いろいろなところに動いたとしても、ボールが来なかったら何の意味もない。


大久保 ホント、一緒ですね。昨年はゴール前に入ってDFと駆け引きしていてもボールが来ないことが多くて、1回もシュートを打てないことが多かった。ボールが来れば点を取れるということはもう証明しきっているので、どうしたら僕らFWにボールを集められるかという形でやってくれれば、チームは間違いなく助かると思う。今年はそう仕向けられるように努めなければいけないですね。

最後に2人の今シーズンに向けた抱負を語ってもらった
最後に2人の今シーズンに向けた抱負を語ってもらった【宇都宮徹壱】

――お互いに聞いてみたいことは?


大久保 僕、福岡県出身なんですけど、(隣接する)鳥栖の町はマドリッドと違って田舎ですよね(笑)。生活はどうですか? あそこにおったら目立つよね?


トーレス 何の問題もないです。スペインより全然、落ち着いた生活ができますよ。


大久保 中洲にはよく行く?


トーレス そうですね。ちょっと食事するくらいかな。ヤキニクとか。


大久保 もつ鍋は食べてない?


トーレス それはまだ食べていないです。明日行こうかな(笑)。


大久保 今度、一緒に行きましょう。


トーレス ぜひ。奢ります(笑)。


大久保 お願いします(笑)。


――最後に今季の抱負をお願いします。


トーレス 先ほども言った通り、本当に直近の1試合1試合に全力を尽くすことですね。そしてサッカーを楽しむことを、今年は考えていきたいと思っています。


大久保 本当に昨年は苦しかったので、今年はチームとして点を取って喜ぶことができればいい。順位もできるだけ上に行けるように頑張ります。

元川悦子
元川悦子

1967年長野県松本市生まれ。千葉大学法経学部卒業後、業界紙、夕刊紙記者を経て、94年からフリーに。Jリーグ、日本代表、育成年代、海外まで幅広くフォロー。特に日本代表は非公開練習でもせっせと通って選手のコメントを取り、アウェー戦も全て現地取材している。ワールドカップは94年アメリカ大会から5回連続で現地へ赴いた。著書に「U−22フィリップトルシエとプラチナエイジの419日」(小学館刊)、「蹴音」(主婦の友社)、「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年」(スキージャーナル)、「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」(日本放送出版協会)、「僕らがサッカーボーイズだった頃』(カンゼン刊)、「全国制覇12回より大切な清商サッカー部の教え」(ぱる出版)、「日本初の韓国代表フィジカルコーチ 池田誠剛の生きざま 日本人として韓国代表で戦う理由 」(カンゼン)など。「勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ 」を15年4月に汐文社から上梓した

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント