中日・平田良介、三十路の華麗なる変身
長所と引き換えに優先した大切なモノ

シーズンを戦い抜くための“最良の体”

8月16日にはサイクル安打を達成するなど、1番起用が大当たり。チームの得点増に大きく貢献している
8月16日にはサイクル安打を達成するなど、1番起用が大当たり。チームの得点増に大きく貢献している【写真は共同】

 30歳を迎えたシーズンにキャリアハイの成績。非の打ちどころもないように見えるが、バッティングのすべてにおいてレベルアップがなされたわけではない。平田良介という選手の魅力の一つであった本塁打の数が116試合を終えて7本。66試合に出場した昨季からわずか1本の上積みにとどまっている。原因はオフに10キロの減量に取り組んだ肉体改造によるもの。それを認めたのは平田本人だ。


「減量がバッティングにもたらした効果? ないですね。バッティングに関してはないです。やっぱり飛距離は落ちていますから。でも、体にはいいんです。おそらく去年の体重のままプレーをしていたら怪我をしていたと思います」


 驚くほどあっさりと認めたのは、誤って伝えられるのを嫌ったからだろう。一部では「減量が体にキレを生み、打撃を向上させた」との勝手な見方をされているが、減量の目的はあくまで故障を未然に防ぐため――。安易に減量をこじつけられたくなかったのは、スラッガーとしてのプライドによるものだろう。長所を引き換えにしてでも優先させた“大切なモノ”。それはシーズンを戦い抜くことを可能とする“最良の体”である。


 平田が故障に泣いたのは昨季に限らず、これまで右肩や腰、足首などの度重なる怪我も影響して全試合出場を果たしたシーズンは一度もない。日本代表にも選ばれた実績を持つ背番号6は紛れもなくドラゴンズの主力選手だ。一方でシーズンを全うできないというマイナスのイメージから、懐疑的な目で見られていたことも確か。真のレギュラーとしてはいささか物足りなさは否めなかった。


 飛距離を担保できる体重を維持したまま、走塁や守備の面で力をセーブすれば、怪我は防げたのかもしれない。しかし、平田がその手段を選ばなかったのもまた、走塁と守備において譲れないプライドがあるからだ。

1番による意識の変化は「多少はある」

 もともと、走攻守で高いレベルのプレーを披露してきたが、今季は故障のリスクを減らすことに成功し、すべてのパフォーマンスを遺憾なく発揮。チームをけん引する平田が1番に座ったことで、好調な打線がさらに勢いを増した。


 平田が1番で出場した12試合の得点は60。1試合平均に換算すると、それまでの4.06点から5点へと跳ね上がっている。この得点力はセ・リーグの他の5球団のシーズン通算と比べると、カープの5.14点に次ぐ数字。平田はチーム2番目の4割1分9厘を誇る出塁率で好機を演出すれば、得点圏打率3割6分4厘と持ち前の勝負強さも健在。本塁打数こそ伸び悩んでいるとはいえ、先頭打者弾を2発放つなど長打率は4割7分。大島洋平も1番打者として高い能力を持つが、相手投手に与えるプレッシャー、“長打への警戒度”という面では平田が勝っている。そして、1番打者の役割を理解して、平田は打席に立っている。


「(打順による意識の変化は)多少はありますね。自分のバッティングスタイルを変えるのではなく、その状況を踏まえてということはある。状況判断という点において1番のときと4番以下のときでは変わってくる」


「1番・平田」の効果によって得点力が上がったのは偶然ではなく必然。リードオフマンとしての頼もしさは日に日に増し、まるで攻撃の道筋をつけているかのようにさえ感じさせる。


 シーズンは残り27試合。6年ぶりのクライマックスシリーズ進出に向けて依然、厳しい現実に変わりはないが、平田が先陣を切る新たな強竜打線は希望の灯となっている。“奇跡”を諦めるのはまだ早い。変身を遂げた背番号6が鳴らす快音とともに、可能性がゼロになるそのときまで信じてみたいと思う。


(高橋健二/ベースボール・タイムズ、データは8月26日終了時のもの)

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の“いま”を伝える野球専門誌。年4回発行の『季刊ベースボール・タイムズ』を含め、全国の番記者からプロ野球のホットな話題・情報を届ける。毎年増刊号として発行される選手名鑑も好評!『2019プロ野球プレイヤーズファイル』は2月15日に発売!今年も内容をスケールアップし、全選手を徹底解剖しています!

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント